2024 年の仮想通貨規制

世界を変えるブロックチェーン技術に対して依然として敵対的な管轄区域もあれば、はるかに歓迎する管轄区域もある。 彼らはさまざまな暗号通貨活動を別の産業として認識しており、これが徐々に透明で効率的な規制枠組みの創設につながっています。 これらの暗号通貨規制は、明確な税制と成長を重視した開発支援への道を開きます。

ヨーロッパ諸国は包括的な仮想通貨規制の構築においてさまざまな段階にありますが、ほとんどの国は 1 つの基本的な側面で共通しています。 彼らはマネーロンダリング対策とテロ資金供与対策の目的で、暗号通貨活動に対する監視を強化している。 言うまでもなく、これはこの非常にダイナミックな業界で信頼を築くための重要なステップです。

さまざまな国の暗号化規制

暗号化ライセンスを持つ登録企業

Crypto Regulations in Europe

現在、即時立ち上げという緊急性を持って野心的な仮想通貨プロジェクトに取り組んでいる場合、仮想通貨会社の設立とライセンス供与という時間のかかるプロセスを進めることが妨げになる可能性があります。 自分を引き留めるのではなく、仮想通貨ベンチャーの立ち上げを促進する実用的な代替案を検討してください。 Regulated United Europe の抜け目のないチームは、ヨーロッパのさまざまな管轄区域で完全にライセンスを取得した既製の暗号通貨企業を買収するためのシームレスなプロセスを作成しました。 このユニークなアプローチにより、仮想通貨起業家は驚くほど短期間で新しいプロジェクトを開始できるようになります。

詳細を掘り下げる前に、既製の暗号通貨会社は、前歴のない既存の、完全に登録され、認可された事業体であることを理解することが不可欠です。 これらの企業は、すでに暗号ライセンスを取得している数社を含めて購入可能であり、すぐに買収することができます。 これは、完全にライセンスを取得した暗号通貨会社を選択することで、確立された事業体を獲得するだけでなく、事業運営に適切な暗号通貨ライセンスを確保できることを意味します。

暗号通貨から法定通貨への交換ビジネスを開始するためのベストなヨーロッパの管轄区域

ヨーロッパで暗号通貨から法定通貨の交換会社を開設するには、規制、税金、および運用面を考慮した慎重なアプローチが必要です。多くのヨーロッパ諸国の中で、リトアニアとチェコ共和国は、ビジネス環境の好条件とデジタル資産に対する前向きな姿勢から、このようなビジネスを展開するための最も好ましい場所として目立ちます。この記事では、ビジネス言語を使用して、リトアニアとチェコ共和国での暗号通貨から法定通貨への交換会社の設立プロセスを詳しく見ていきます。

管轄区域の選択: リトアニアとチェコ共和国

リトアニアとチェコ共和国は、暗号通貨企業にとって独自の利点を提供しており、明確な規制、資格のある専門家へのアクセス、魅力的な税制を含んでいます。これらの国々の選択は、特定のビジネス目標や規制環境の好みによって異なります。

ステップ1: 準備と計画

登録プロセスを開始する前に、ビジネスモデルを注意深く計画し、潜在的なターゲットオーディエンスを特定し、規制当局との対処戦略を開発する必要があります。この段階では、地元の法律や金融の専門家から助言を求めることが推奨されます。

ステップ2: 会社登記

リトアニアとチェコ共和国での会社設立プロセスには、設立書類の提出、商業登記への登録、および役員の任命が含まれます。創業者に対する要件は異なる場合がありますが、通常はAML/KYCコンプライアンスのチェックや財務的信頼性の証明を含みます。

ステップ3: ライセンス取得

暗号通貨から法定通貨の交換活動を行うためには、適切なライセンスを取得する必要があります。リトアニアでは、これにはリトアニア銀行に対して暗号プラットフォームオペレータのライセンスを申請するプロセスが含まれますが、チェコ共和国では提供されるサービスの具体的な性質に応じて、支払い代理人として登録するか、専門のライセンスを取得することが必要となる場合があります。

ステップ4: ポリシーと手続きの開発

企業は、AML/KYC、データ保護、および顧客資金のセキュリティを含む規制要件に適合するための内部ポリシーと手順を開発および実施する必要があります。これには詳細なシステムとコントロールの確立が必要です。

ステップ5: 操作の開始

すべての必要な許可とライセンスが取得されたら、企業は暗号通貨交換サービスの提供を開始することができます。規制要件への操作の適合を継続的に監視し、立法の変更に適応することが重要です。

タイミング

このような会社の設立とライセンス取得には、準備と文書のレビューの複雑さに応じて、数か月から6か月までの時間がかかる場合があります。

購入者への保証

顧客の信頼を確保し、顧客の利益を保護するために、企業は資金の使用、サービス条件、および顧客の個人データと資産を保護するための手段を含め、自社の活動の完全な透明性を提供する必要があります。

結論

リトアニアとチェコ共和国は、規制環境の好条件とイノベーションへの支援によって、暗号通貨から法定通貨の交換ビジネスを展開する魅力的な管轄区域です。このような会社の設立と運営には、慎重な計画、規制の遵守、および立法の変更の継続的な監視が必要です。

エストニアの暗号通貨規制

エストニアが強固な暗号通貨規制フレームワークを構築する取り組みは、マネーロンダリングおよびテロ資金供与防止法(エストニアAML法)に明確に反映されています。この立法は、現在、金融活動作業部会(FATF)が公表した仮想資産および仮想資産サービスプロバイダーに対するリスクベースアプローチの更新されたガイダンスと調整されています。

規制は、以下の活動に従事する企業に適用されます:

  • 仮想通貨の交換
  • 暗号ウォレットサービス
  • 仲介サービス
  • 仮想通貨送金サービス
  • 仮想通貨の発行
  • 取引を第三者に委任するサービス

エストニアの金融情報ユニット(FIU)は、暗号通貨規制の施行、暗号通貨ライセンスの発行などに責任を負っています。申請者は10,000 EURの国家料金を支払い、ライセンスを受け取るために最大12週間待つ必要があります。暗号活動の変更によるライセンスの更新には、4,000 EURの国家料金が適用されます。

申請者の主な要件:

  • AML規制に準拠する内部リスク管理ポリシーが重要です。特に、ヨーロッパの暗号通貨規制の進化する風景を考慮すると、これらのポリシーは顧客プロファイル、管轄区域、製品、およびコミュニケーションなどの側面をカバーします。また、AML関連の手続き、文書、経営陣の決定、および従業員の能力を検査する内部AML監査責任者の任命も必要です。
  • KYCおよびトラベルルールのプロセス
  • 承認されたサービスの提供に対する効果的かつ安全なITインフラストラクチャー、顧客データ管理を含む
  • 事業計画(2年間)、事業継続計画、組織構造、財務予測を含む
  • シニアマネージャー、取締役会メンバー、投資家は、適切な教育と経験を持ち、犯罪行為の有罪判決がないことを証明する必要があります
  • エストニアに完全に稼働する事務所を設け、地元のスタッフ(AMLコンプライアンスオフィサーおよび適格な取締役会メンバーを含む)を雇用する
  • 資金調達の透明性
  • 暗号ウォレット、取引所、ICOおよび類似のサービスプロバイダーは、100,000 EURの株式資本を持ち、仮想通貨送金サービスプロバイダーは、250,000 EURの株式資本を持つ必要があります
  • 暗号関連サービスの種類に応じて異なる自己資本要件を満たす
  • 株主と株式の数に関する透明な文書

エストニアには特定の暗号通貨課税フレームワークはありません。暗号通貨企業は現在、他の企業と同じように課税されています。標準法人所得税率は20%ですが、保有および再投資された法人利益には課税されません。これは、成長志向の暗号通貨企業にとって有益です。

以下の条件のうち、少なくとも2つが該当する場合、監査を実施することが義務付けられます:

  • 売上高が4,000,000 EURを超える
  • 総資産が2,000,000 EURを超える
  • 平均従業員数が少なくとも50人である

また、次の条件の少なくとも1つが該当する場合、監査が義務付けられます:

  • 売上高が12,000,000 EURを超える
  • 総資産が6,000,000 EURを超える
  • 平均従業員数が少なくとも180人である

リトアニアの暗号通貨規制

リトアニアの急速に進化する暗号通貨エコシステムは、その有利な暗号通貨規制から大きな恩恵を受けています。現在、それはヨーロッパで暗号通貨関連ビジネスを展開するための最も有利な管轄区域と見なされています。地元の当局は、産業の動的な性質に合わせて調整されており、これにより、多くの官僚主義、未熟な手続き、高いコストに苦しむことなく、暗号プロジェクトを開始しようとする起業家に対して効率性、明確性、信頼性、およびサポートを保証する準備ができています。

リトアニアで暗号活動を規制する主要な法律は、リトアニア共和国のマネーロンダリングおよびテロ資金供与防止法であり、その改正には仮想通貨交換業者およびデポジット仮想通貨ウォレット業者が含まれています。

仮想通貨交換業者 – リトアニアに設立された企業またはリトアニアに設立されたEU国の企業の支店、またはリトアニアに設立された外国の企業の支店で、仮想通貨の交換、購入、および/または販売サービスを有料で提供する会社。

デポジット仮想通貨ウォレット業者 – リトアニアに設立された企業またはリトアニアに設立されたEU国の企業の支店、またはリトアニアに設立された外国の企業の支店で、デポジット仮想通貨ウォレットの管理サービスを提供する会社。

暗号通貨ビジネスは、リトアニア銀行によって監督され、暗号通貨ライセンスの発行もその責任です。さらに、当局は、ブロックチェーンベースのサンドボックス「LBChain」を通じて、新しいビジネスソリューションを制御された環境でテストすることを可能にする規制および技術インフラストラクチャを提供することにより、暗号通貨産業の発展を加速しようとしています。

暗号ライセンス保持者はAML/CFT要件を満たすためにリトアニア金融犯罪捜査局(FCIS)に報告する義務があります。信頼性の高いFCISの業績により、リトアニアは安全なビジネス環境の指標であるリスクが最も低い管轄区域の9位にランクされています。

リトアニアでは、次の2種類の暗号通貨ライセンスが提供されています:

  • 暗号通貨ウォレット交換ライセンス – ライセンス保持者が顧客の保有する暗号ウォレットを管理できるようにするライセンス
  • 暗号通貨交換ライセンス – ライセンス保持者が法定通貨から暗号通貨への交換およびその逆、および暗号通貨から暗号通貨への交換サービスを提供できるようにするライセンス

リトアニアでの暗号通貨ライセンスの申請はリトアニア銀行によって管理されており、これは国の合理化された暗号通貨規制枠組みの証です。ここでの主要な利点の1つは、申請処理にかかる時間が非常に短いことです。暗号アプリケーションの処理には1か月未満しかかかりませんし、完全に無料です。さらに、年間の監督料金はありません。

プロセスを開始するには、リトアニアで有限責任会社(UAB)を設立する必要がありますが、これは電子的に行うことができます。これに必要な最小の出資金額は2,500 EURです。うれしいことに、会社の所有者や役員はリトアニアの常駐者である必要はなく、現地スタッフの雇用の前提条件もありません。

申請者およびライセンス保持者は、次の法的要件を遵守する必要があります:

  • 効果的な顧客識別手順の作成
  • AML/CFTポリシーおよびワークフローの設計および実装、AMLコンプライアンス担当者によって監視され、FCISに報告する義務があります

リトアニアには特定の暗号通貨に関する税金はありません。ただし、ライセンスを取得した暗号通貨ビジネスは、法人所得税(15%)などの通常の税金を支払う義務があります。また、既存の税制優遇措置へのアクセス権もあります。

最後の財政年度の最終日に次の値が2つ以上の指標を超える場合、有限責任会社は監査を実施することが義務付けられています:

  • 貸借対照表に示される資産の価値 – 1,800,000 EUR
  • 財務年度の純売上高 – 3,500,000 EUR
  • 報告財務年度中の平均年間従業員数 – 50

ポーランドの暗号通貨規制

2021年の新しい暗号通貨規制の導入以降、ポーランドは徐々にヨーロッパで最も暗号通貨に対して友好的な国の1つとなっています。暗号通貨ビジネスは現在、税務行政室によって規制されており、仮想通貨登録簿を管理しています。また、ブロックチェーンおよび新技術商工会議所イノベーションハブなどの組織からサポートを期待できます。

ポーランドの暗号通貨規制に影響を与える最新の枠組みは、2018年3月1日のマネーロンダリングおよびテロ資金供与防止法の改正、通称「新しいAML法」です。これは2021年11月1日に施行されました。これにより、仮想通貨が明確に定義され、効果的なAML/CFT規制の実現を目指し、暗号通貨ビジネスの登録規則が定められました。

新しい法律により、次の活動に従事する企業は登録が義務付けられます:

  • 法定通貨との仮想通貨の交換
  • 仮想通貨同士の交換
  • 暗号ウォレットの提供と維持
  • 仮想通貨ブローカレッジ

登録の申請は電子行政公共サービスプラットフォーム(ePUAP)を介して電子的に提出されます。処理は、カトヴィツェ市役所の銀行口座に支払われるスタンプ税(616 PLNまたは約133 EUR)の受領後に開始されます。申請者がすべての条件を満たすことができる場合、税務行政室は申請の受領日から14日以内に企業を仮想通貨登録簿に登録します。登録者の監視のための定期料金は設定されていないという点がかなり有利です。

登録に成功した企業は、引き続きAML/CFTのコンプライアンスを証明するためにAMLレポートを財務情報総監に提出する必要があります。

ポーランドの暗号通貨規制に関する税金の義務は、重要な焦点です。法的構造に応じて、すべてのポーランドの暗号通貨企業は、法人所得税(19%)、付加価値税(23%)、および配当源泉徴収税(19%)などの通常の税金を支払う義務があります。これらの企業は既存の税制優遇措置の対象となる場合もあります。たとえば、企業の年間収益が2百万EURを超えない場合、法人所得税が9%に軽減されます。

監査および報告に関しては、他の種類の企業に課せられた規則と一致しています。有限責任会社に対しては、次の基準の少なくとも2つを満たす場合、監査が義務付けられます:1)年間純売上高が5百万EURを超える、2)年間売上高が2.5百万EURを超える、または3)企業が年間で50人以上の常勤従業員を雇用している場合。

マルタの暗号通貨規制

数年前、革新的な政府によって暗号通貨に特化した規制フレームワークが導入されたことで、マルタは繁栄するブロックチェーンの島となることが期待されました。この業界はマルタ金融サービス機構(MFSA)によって監督されています。

規制フレームワークは以下の法律から構成されています:

暗号通貨企業が関連するすべての法律を遵守できると確信している場合、ホワイトペーパーを登録するか、登録済みVFAエージェントを介してライセンスを申請することができます。申請プロセスは通常、3〜6か月かかります。

VFAビジネスの分類に応じて、申請手数料は3,000 EURから12,000 EURまで異なります。さらに、登録が成功した場合、登録者は2,750 EURから25,000 EURまでの年会費を支払う義務があります。

また、ライセンスを取得した事業者は、税務局長(CFR)によって管理される適用税を支払わなければなりません。この税務局長は、分散型台帳技術(DLT)資産に関わる取引または取り決めに対する所得税印紙税、および付加価値税の適用を決定するVFA特有のガイドラインを発行しています。

一般的に、VFAサービスプロバイダーは年次監査済み財務諸表を作成する義務があります。これらの諸表は、年次所得税申告書の作成の目的にも必要です。新しい暗号通貨企業には、年間売上高(80,000 EURを超えない)および資格を持つ株主(少なくともMQFレベル3での学習が完了している)の基準を満たす場合、監査の免除が適用される場合があります。

スイスの暗号通貨規制

疑いなく、スイスはブロックチェーンベースの製品とサービスを採用し、友好的な規制環境を作り出すことに専念することで、最も暗号通貨に寛容な国の一つです。イーサリアムは現在、スイスのおもてなしの恩恵を受けている暗号通貨の巨人の一つであり、これはこの管轄区が業界のリーダーによって評価されていることを示しています。

スイスの暗号通貨業界は、スイス金融市場監督局(FINMA)によって監督されており、その目標はAML規制とライセンス要件の遵守を確保することです。

暗号通貨トークンは次のカテゴリに分かれています:

  • 支払トークン – 金銭または価値の転送に使用できる支払手段
  • ユーティリティトークン – アプリケーションまたはサービスへのデジタルアクセスの提供
  • 資産トークン – 株式や債券と機能的に類似しており、これにより証券規制の対象となります

スイスの暗号通貨活動を規制する主要な法律の1つは、分散型台帳技術の発展に関する連邦法(DLT法)です。これは電子レジスタを介した権利の取引の法的根拠を提供し、破産の場合の暗号資産の分離のルールを定め、DLT取引システムのための新しいライセンスカテゴリを追加します。

AML義務は以下のAML法律に規定されています:

  • マネーロンダリング防止法
  • マネーロンダリング防止規則
  • FINMAマネーロンダリング防止規則

スイスで事業を開始する暗号通貨企業は、Fintechライセンスを取得する必要があります。これにより、100億CHF(約96億EUR)または投資されない暗号通貨ベースの資産、およびそれらに利子を支払うことができません。

応募者の主要な要件:

  • 法的構造 – 株式会社、無限責任法人、または有限責任会社
  • 事業計画と会社の活動の詳細なレビュー
  • スイスに登録され、事業活動が行われる登録事務所
  • 最低限の株式資本 – 300,000 CHF(約289,000 EUR)
  • 内部AML/KYC/CFT手続き
  • FINMAが認定する規制監査人

申請手数料は1,750 EURから始まり、申請プロセスの期間は、プロジェクトの複雑さと申請の品質に大きく依存するため、数か月かかる場合があります。成功した応募者は、最低でも3,500 EURの年間監督手数料を支払う義務もあります。

暗号通貨業界の発展は、クリプトバレー協会によって推進されています。その目的は、市場参加者と当局との協力を促進することにより、世界有数のブロックチェーンと暗号エコシステムを構築することです。

各州には異なる税制があり、暗号通貨企業の場所と暗号通貨の使用目的に応じて税率や規則が異なります。暗号通貨企業の税金は、コーポレートインカムタックスが15.1%に達するズッグで、税金を暗号通貨で支払うことができます。さらに、すべての暗号通貨は、他の資金として申告され、財産税(最大3%)の対象となります。暗号通貨で支払われる給与は所得税(約23%)の対象となり、これは給与明細に反映されなければなりません。

Crypto regulation in Gibraltar

Gibraltar was the first jurisdiction in the world to start regulating blockchain-based businesses through the Distributed Ledger Technology Framework (the DLT Framework) and is currently striving to enhance crypto market integrity and promote adoption of crypto products and services by introducing new legislation.

One of the main pieces of legislation regulating DLT activities in Gibraltar is the Financial Services Law which is now supplemented with the 10th Regulatory Principle, requiring that all DLT providers operate in a way that maintains and enhances market integrity. The aim is to combat market manipulation and insider trading.

AML regulations remain aligned with the EU’s 5th and 6th AML Directives which means DLT businesses must meet such requirements as implementation of internal policies mitigating risks related to customers, countries of operation, designing systems enabling collection of relevant data, KYC procedures as well as proven competence of the senior management.

The following activities are regulated in Gibraltar:

  • Exchange between virtual assets and fiat money
  • Exchange between virtual assets
  • Transfer of virtual assets
  • Administration of virtual assets or instruments allowing control of virtual assets
  • Participation in and provision of financial services related to an issuer’s offer and/or sale of a virtual asset

The Gibraltar Financial Services Commission (GFSC) supervises the rapidly developing industry by overseeing compliance with the AML legislation and by being responsible for the issuance of DLT providers licences.

Stages of the application process:

  • Pre-application engagement (the GFSC provides guidelines on a specified application proposal and the business model as well as confirms if it falls within the scope of the DLT framework)
  • Initial application assessment (submission of the application via the Cloud, enabling the GFSC to assess risks and complexity of the business) which can take up to 2 weeks
    • A non-refundable initial application assessment fee of 2,000 GBP (approx. 2,347 EUR) is paid to the authority
  • Full application and presentation (applicants are invited to deliver a presentation to the GFSC which must include information about the competence of the founders (directors), business plan, financial projections and evidence of compliance with the applicable regulations)

To accelerate the development of the blockchain and crypto industry, the government partnered with the University of Gibraltar and several leading crypto businesses to launch the New Technologies in Education (NTiE) group whose role is to offer technology-related education. This approach enriches the market with the workforce possessing the skills necessary for the formidable growth of innovative businesses.

One of the biggest advantages of having a DLT company in Gibraltar is relatively low tax rates. The standard Corporate Income Tax rate is 12.5%. However, it’s worth noting that any foreign income sourced from the activities that aren’t covered by the DLT licence, is also subject to taxation.

Crypto regulation in Cyprus

Cyprus is one of the most attractive jurisdictions for cryptocurrency businesses due to the government’s friendly approach towards the industry and because of the relatively low corporate taxation. For instance, Cypriot businesses are required to pay Corporate Income Tax at the rate of 12.5% which is among the lowest rates in the EU.

Cypriot cryptocurrency businesses are supervised by the he Cyprus Securities and Exchange Commission (CySEC) under the Prevention and Suppression of Money Laundering and Terrorist Financing Law of 2007 (the AML/CFT Law) which also determines activities of crypto asset service providers (CASPs).

CASPs engage in the following activities:

  • Exchange between crypto assets and fiat currencies
  • Exchange between crypto assets
  • Management, transfer, holding and/or safekeeping, including custody, of crypto assets or cryptographic keys or means which allow the exercise of control on crypto assets
  • Offering and/or sale of crypto assets, including the initial offering
  • Participation and/or provision of financial services in relation to the distribution, offer and/or sale of crypto assets, including initial offering

Key legal obligations that CASPs are subject to:

  • A company incorporated in Cyprus with an appropriate minimum share capital as well as fully operational office and local staff
  • Designing internal policies for customer identification and for the tracking of sources of funds
  • Monitoring clients’ crypto asset transactions and wallet addresses and reporting suspicious activities
  • Creating effective workflows and systems for secure data management

Companies planning to start crypto activities in Cyprus must comply with the AML/CFT Law and register with the CySEC as CASPs by submitting an application form. Normally the applications are processed within 6 months.

The directive on the Register of Providers of Services Regarding Crypto Assets (the CySEC Directive) regulates the creation, maintenance, operations and changes of the CASPs Register.

A type of crypto  licence is determined by the following classification:

  • Class 1 (initial capital – 50,000 EUR) – CASPs providing investment advice
  • Class 2 (initial capital – 125,00 EUR) – CASPs providing the service referred to in Class 1 and/or any of the following services:
    • Reception and transmission of client orders
    • Execution of orders on behalf of clients
    • Exchange between crypto assets and fiat currency
    • Exchange between crypto assets
    • Participation and/or provision of financial services related to the distribution, offering and/or sale of crypto
    • Assets, including the initial offering
    • Placement of crypto assets without firm commitment
    • Portfolio management
  • Class 3 (initial capital – 150,000 EUR) – CASPs that provide any of the services referred to in Class 1 or 2 and/or:
    • Administration, transfer of ownership, transfer of site, holding, and/or safekeeping, including custody, of crypto assets or cryptographic keys or means enabling control over crypto assets
    • Underwriting and/or placement of crypto assets with firm commitment
    • Operation of a multilateral system, which brings together multiple third-party buying and selling interests in crypto assets in a way that results in a transaction

The development of Cypriot cryptocurrency businesses is supported by the Innovation Hub, the function of which is to provide guidance on regulations and ensure a continuous dialogue between the local authorities and market participants.

Crypto regulation in UK

Currently a comprehensive crypto regulatory framework is in the making as the UK has recently announced new plans aimed at the safe adoption of the cryptocurrency industry. New regulations are to be introduced this year for the purpose of reducing economic crime. It’s also supposed to reduce bureaucracy and introduce a new competitive taxation system which crypto businesses will be given a chance to benefit from.

In the meantime, businesses intending to start a crypto project in the UK should take note of the AML/CFT requirements adopted from the EU’s 5th Anti-Money Laundering Directive (5AMLD) and the 6th Anti-Money Laundering Directive (6AMLD).

Cryptocurrency businesses planning to operate in or form the UK must meet the following criteria:

  • Assess money laundering and terrorist financing risks which their company might be exposed to and implement appropriate internal procedures which must be overseen by competent AML/CFT compliance officers and implemented by trained staff
  • Ensure data protection and maintenance of sufficient records for AML/CFT reporting
  • Comply with KYC requirements by implementing required policies
  • Monitor and report suspicious transactions
  • Identify politically exposed persons

Companies that meet the above criteria are able to register with the Financial Conduct Authority (FCA) by submitting an application form via Connect in order to obtain Part 4A Permission authorisation which permits them to operate in the UK. The FCA is responsible for their authorisation and supervision for the purposes of consumer protection, market integrity and fair competition. Applications, depending on their completeness, are normally assessed within 6-12 months.

One of the key aspects to note is application fees. If the applicant’s income is less than 250,000 GBP (approx. 294,000 EUR), a fee of 2,000 GBP (approx. 2350 EUR) applies. If the applicant’s income exceeds this threshold, a fee of 10,000 GBP (approx. 12,000 EUR) must be settled.

Currently cryptocurrency companies pay the same taxes (such as Corporation Tax at the rate of 19%) and are subject to the same reporting requirements as businesses of other industries.

Crypto regulation in Ireland

Ireland is one of the most desirable jurisdictions for running a cryptocurrency business due to such advantages as low tax rates and tax incentives, but when it comes to crypto legislation, a comprehensive framework is yet to be developed.

The Central Bank of Ireland supervises crypto businesses under the Criminal Justice (Money Laundering and Terrorist Financing) (Amendment) Act 2021 which was implemented to harmonise local legislation with the EU’s Fifth Anti-Money Laundering Directive (5AMLD).

To ensure compliance with the AML/CFT legislation, the Central Bank of Ireland maintains the Registry of Virtual Asset Service Providers (VASPs).

VASPs are companies that supply the following services:

  • Exchange between virtual assets and fiat money
  • Exchange between one or more types of virtual assets
  • Transfer of virtual assets (conduct of a transaction on behalf of another person that moves a virtual asset from one virtual asset address or account to another)
  • Provision of custodian wallets
  • Participation in, and provision of, financial services related to an issuer’s offer or sale of a virtual asset or both

Businesses planning to operate as VASPs in or from Ireland are required to submit a VASP pre-registration form to the Central Bank of Ireland. Currently there are no application or supervision fees. The length of the application process varies based on the number of pending applications and the applicant’s ability to submit a quality application along with all the mandatory documentation.

Detailed instructions on how to submit the application forms and supporting documentation via the Online Reporting System (ONR) are laid out in the guide created by the Central Bank of Ireland.

New and existing crypto businesses can expect support from the Blockchain Ireland, an industry innovation network whose functions include sharing information, organising industry events and promoting success stories. Its core goal is to establish Ireland as a knowledge hub for cryptoasset businesses.

There’s no crypto-specific tax in Ireland, however VASPs are obligated to pay regular taxes, such as relatively low Corporation Tax (12.15%) and Capital Gains Tax (33%).

Lastly, it’s worth noting that one of the most attractive aspects of the Irish taxation system is a three-year exemption from the Corporation Tax which for new startups can be reduced to 0% if their Corporation Tax due is 40,000 EUR or less in a single tax year.

Crypto regulations in EU 2024

In 2024, cryptocurrency regulation in the European Union (EU) continues to evolve, reflecting the institutions’ desire to ensure transaction security, investor protection and market transparency, as well as the prevention of money laundering and terrorist financing. EU regulatory requirements aim to create a harmonised approach to the management and supervision of cryptocurrency-related activities, which is of significant interest to cryptocurrency company founders. This article discusses the step-by-step process of establishing a cryptocurrency company in the EU, the requirements for founders and the timeline for establishing such an organisation in 2024.

Step 1: Analyse the regulatory environment

The first step for a founder is to deeply analyse the regulatory environment in the EU, including the latest changes and trends in cryptocurrency legislation. It is important to familiarise yourself with Markets in Crypto Assets (MiCA), the EU regulatory package aimed at regulating cryptoasset markets, which sets standards for licensing, operations, transparency, and investor protection.

Step 2: Preparing the business plan and documentation

The next step is to prepare a detailed business plan, which should include a revenue model, market analysis, risk management strategy, and AML (Anti-Money Laundering) and KYC (Know Your Customer) policies. The preparation of a complete documentation package is a key element in demonstrating compliance with EU regulatory requirements.

Step 3: Registering and obtaining licences

Launching a cryptocurrency company in the EU requires obtaining the relevant licences, which involves liaising with the national regulators of EU member states. The registration process involves submitting an application and all necessary documentation, and may also require proof of sufficient capital and professional indemnity insurance.

Step 4: Compliance with AML and KYC requirements

Founders should develop and implement effective systems and procedures to ensure compliance with AML/CFT requirements and to fulfil customer identification and verification obligations. This includes appointing an AML/CFT compliance officer and conducting regular internal reviews.

Requirements for founders

Founders must meet a number of requirements, including:

  • Proof of impeccable business and personal reputation.
  • Having a sufficient level of start-up capital.
  • Knowledge and experience in cryptocurrencies and finance.
  • Ability to ensure compliance with all regulatory and operational requirements.

Timing of company incorporation

The timeframe for establishing a cryptocurrency company in the EU can vary depending on a variety of factors, including the complexity of obtaining licences, the efficiency of preparing and submitting documents, and the speed at which applications are reviewed by regulators. On average, the process can take anywhere from a few months to a year.

Conclusion

Cryptocurrency regulation in the EU is a complex and dynamic area that requires founders to be attentive to detail and strictly compliant with regulations. Successfully establishing a cryptocurrency company in the EU in 2024 requires in-depth knowledge of the regulatory environment, thorough preparation and the ability to adapt to the ever-changing market conditions.

RUE team of dedicated and quality-focused lawyers will be delighted to provide you with tailored, value-added support in establishing a cryptocurrency company in one of these favourable jurisdictions, including the submission of a crypto license application. From the very start of the process you’ll be backed with the expertise in the swiftly evolving AML legislation, company formation, reporting and tax advice. Contact us and get a price offer today.

Milana

Milana Scherbakova

LICENSING SERVICES MANAGER

phone1+48 50 633 5087
email2 [email protected]

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

Most European countries are intensifying supervision over crypto activities, primarily for anti-money laundering and counter-terrorist financing purposes.

The Money Laundering and Terrorist Financing Prevention Act (Estonian AML Act) regulates crypto activities in Estonia.

Virtual currency exchange, crypto wallet services, brokerage services, virtual currency transfer services, issuance of virtual currencies, and services of delegating transactions to third parties.

The FIU enforces cryptocurrency regulation, including the issuance of crypto licenses.

The Law of the Republic of Lithuania on the Prevention of Money Laundering and Terrorist Financing plays a key role in Lithuania's crypto regulation.

Two types of licenses are offered at the moment:

  • Crypto Wallet Exchange Licenses
  • Crypto Exchange Licenses.

The Bank of Lithuania is responsible for supervising and issuing crypto licenses.

It takes less than a month to process a crypto application in Lithuania, and there are no annual supervision fees.

Activities like exchanging virtual currencies for fiat money, exchanging virtual currencies for one another, providing crypto wallets, and cryptocurrency brokerage are among those that must be registered.

Malta's crypto industry is regulated by the Malta Digital Innovation Authority Act, the Innovative Technology Arrangements and Services Act, the Prevention of Money Laundering Act, and the Virtual Financial Assets Act.

Malta offers three types of authorizations:

  • Registration of VFA agents;
  • Registration of whitepapers;
  • Applications for VFA service providers.

The application process typically takes 3-6 months, and application fees range from 3,000 EUR to 12,000 EUR.

New crypto businesses may qualify for audit exemption if they meet criteria related to annual turnover and qualifying shareholders.

The Swiss crypto industry is supervised by the Swiss Financial Market Supervisory Authority (FINMA), which ensures compliance with AML regulations and licensing requirements.

The Federal Act on the Adaptation of Federal Law to Developments in Distributed Ledger Technology (DLT Act) addresses legal aspects related to crypto activities.

Activities related to exchange, transfer, and provision of financial services for virtual assets are regulated in Gibraltar, with supervision by the Gibraltar Financial Services Commission (GFSC).



RUE customer support team

Milana
Milana

“Hi, if you are looking to start your project, or you still have some concerns, you can definitely reach out to me for comprehensive assistance. Contact me and let’s start your business venture.”

Sheyla

“Hello, I’m Sheyla, ready to help with your business ventures in Europe and beyond. Whether in international markets or exploring opportunities abroad, I offer guidance and support. Feel free to contact me!”

Sheyla
Diana
Diana

“Hello, my name is Diana and I specialise in assisting clients in many questions. Contact me and I will be able to provide you efficient support in your request.”

Polina

“Hello, my name is Polina. I will be happy to provide you with the necessary information to launch your project in the chosen jurisdiction – contact me for more information!”

Polina

CONTACT US

At the moment, the main services of our company are legal and compliance solutions for FinTech projects. Our offices are located in Vilnius, Prague, and Warsaw. The legal team can assist with legal analysis, project structuring, and legal regulation.

Company in Lithuania UAB

Registration number: 304377400
Anno: 30.08.2016
Phone: +370 661 75988
Email: [email protected]
Address: Lvovo g. 25 – 702, 7th floor, Vilnius,
09320, Lithuania

Company in Poland Sp. z o.o

Registration number: 38421992700000
Anno: 28.08.2019
Phone: +48 50 633 5087
Email: [email protected]
Address: Twarda 18, 15th floor, Warsaw, 00-824, Poland

Regulated United Europe OÜ

Registration number: 14153440–
Anno: 16.11.2016
Phone: +372 56 966 260
Email:  [email protected]
Address: Laeva 2, Tallinn, 10111, Estonia

Company in Czech Republic s.r.o.

Registration number: 08620563
Anno: 21.10.2019
Phone: +420 775 524 175
Email:  [email protected]
Address: Na Perštýně 342/1, Staré Město, 110 00 Prague

Please leave your request