スイスの暗号通貨規制

スイスにおける仮想通貨交換およびカストディアンサービスの提供は合法であり、SFTA および FINMA によって規制されています。 スイスでは、暗号通貨と仮想通貨は資産または財産として分類されます。 この取引所は合法であり、資産と投資家保護の性質に応じて、同国は仮想通貨規制に関して進歩的な姿勢をとっている。 両替所と仮想通貨プラットフォームはスイスの金融機関と同等とみなされているため、現地のAML/CFTおよび消費者保護義務への準拠を証明する必要がありますが、一部の銀行ルールや基準値の負担は軽減されています。 スイス連邦税務局 (SFTA) は仮想通貨資産を考慮しています。仮想通貨資産はスイスの富裕税、所得税、キャピタルゲイン税の対象となり、年次納税申告書で申告する必要があります。

Switzerland cryptocurrency regulation

仮想通貨取引ルール

スイスは、仮想通貨の上場プロセスを導入し、運営するためにはスイス金融市場監督庁(FINMA)からのライセンスが必要です。政府預金が100万スイスフラン以下の場合は仮想通貨のライセンス取得からの免除がありますが、取引所はFINMAに監視されている場合、顧客に自分たちの資金が保護の対象外であることを書面で通知しなければなりません。

スイスの仮想通貨規則はICOにも適用されます。2018年、FINMAは、銀行業から証券取引、集合投資計画まで、さまざまな分野の提案に現行の金融法を適用する一連のガイドラインを公表しました。2019年には、スイス政府が既存の規則に仮想通貨を含めるよう連邦評議会に要請する提案を承認しました。2020年9月、スイス議会はブロックチェーン法を可決し、さらにスイス法における仮想通貨取引所と仮想通貨取引の合法性を定めました。この法律は、トークンが技術的にブロックチェーンインフラストラクチャに転送されるとすぐに、地元のICO、AML、およびCTF要件の遵守を義務付けています。

将来の仮想通貨規則

スイス政府は、仮想通貨に好意的な規制枠組みを構築する取り組みを続けることを発表しました。2016年には、世界的に知られる仮想通貨の中心地であるチューリッヒ市が市税の支払い方法としてビットコインを導入し、2018年1月には、スイスの経済大臣ヨハン・シュナイダー・アマンがスイスを「暗号国家」にしたいと述べました。同様に、スイス国際金融担当国務秘書のヨルグ・ガッサーは、既存の金融基準を尊重しながら、仮想通貨の促進の必要性を強調しました。

これらの目標に基づき、2020年末には、スイス財務省が新しい共通の仮想通貨規則についての協議を開始し、ブロックチェーン技術を活用する一方で革新を妨げることなく進めることができるようにすることを目指しています。

規制フレームワークの理解

スイスの仮想通貨規制

市場規模

スイスはチューリッヒ近くのツークに仮想通貨のバレーを抱え、暗号空間で活動する企業の活発なコミュニティがあります。スイスに迅速に発展するグローバルな仮想通貨コミュニティにスイスがどこに位置するかを特定するのは難しいですが、スイスはこの分野で先駆的な役割を果たしています。スイスはトークンの初期配置(ICO)と証券トークン(STO)の提供の重要な管轄区域であり、暗号空間で活動する企業にとって整備されたインフラストラクチャーと信頼性のある法的枠組みを提供しています。

法的根拠

スイスは暗号資産に対する好意的で魅力的な法的枠組みを持っていますが、それらのための独自の法的枠組みはありません。仮想通貨に関しては、これらの資産の発行や取引のための規制枠組みが数年間存在しています。

スイスは現在、資産トークンやサービストークンなどの権利を有するトークンに対する規制フレームワークを改善しています。これらのトークンは、発行者または第三者に対する請求を表すDLT法によって認識され、さまざまな方法でスイスの法律に修正されています。特に、DLT法は、新しい資産クラスとしてDLT権利を証券のデジタル代替として導入しました。DLT権利は、ブロックチェーンを通じてのみ転送されるべきです。さらに、スイス法律は、DLT権利が取引される取引プラットフォームのための新しいライセンスのカテゴリーを導入しました。また、第三者の破産の場合に、第三者(ウォレットプロバイダーなど)が所有する暗号資産を分離するための追加の権利が導入されました。

スイス金融市場監督機構(FINMA)は、同じ活動に使用されるさまざまな技術を区別しないと述べています。つまり、「同じビジネス、同じルール」の原則を新しい技術に適用します。FINMAは、現在、ブロックチェーンの暗号資産とアプリケーションに基づいてスイスの金融市場法を適用する際に、この原則に従っています。これは将来のDLT法にも適用されます。

トークンの規範的分類

FINMAは2018年2月16日にICOガイドライン(ICOガイドライン)でスイス金融市場法の適用に関するスイスガイドラインを公表しました。ICOガイドラインでは、FINMAがスイス法に従って仮想通貨や他のコインやトークン(仮想通貨とトークンを合わせてトークンまたは他の資産と呼びます)をどのように分類しているかについて説明しています。

ICOマニ

ュアルによると、FINMAは次のようなタグカテゴリを定義しています:

  1. 発行者に対する請求権を持たない支払トークンまたは仮想通貨としてのみ使用される手段。
  2. アプリケーションまたはサービスがトークンが販売された時点で既に実行されている場合、アクセスまたはアクセスを提供するサービストークン。
  3. 資産トークンであり、発行者または第三者に対する債務または株式請求、または元本に対する権利などを構成する。

FINMAはまた、トークンが複数のカテゴリの要素を含むハイブリッド形式になることも説明しています。これらの混合トークンは、関連するトークンクラスごとの規制要件に準拠する必要があります。FINMAは、トークンの分類が時間とともに変化する可能性があることを認識しています。トークンをリリースすることはICOの規制上の影響を評価する上で重要です。ただし、初期の分類はICO後に変更される可能性があります。二次市場でのトークンの取引活動においては、該当する取引活動での分類を考慮する必要があります。

また、2019年9月11日のICOガイドラインに加えて、金融当局は安定トークン(主要な資産サポートトークン)の規制分類に関する意見を公表しました。スイス法では、トークンは個別のトークンタイプとして考えられず、通常、支払トークンや資産トークン、支払トークンや資産トークンに割り当てられた権利に応じて分類されます。

スイス法では、支払トークンは法定通貨やその他の支払手段とは見なされません。ただし、スイス連邦評議会は、取引当事者がその取引において支払トークンを使用することに合意した場合、支払トークンがその取引の適用される支払手段として使用される場合があります。また、支払トークンの発行はスイスのマネーロンダリング規制(第V項)の対象となります。

FINMAへの問い合わせ

金融当局の勧告にもかかわらず、この分野が新しいため、象徴的提案の構造は国際関税機構(WCO)のガイドラインの実践プロジェクトへの適用に関して絶えず変化しています。通常、規制当局からの免除を含む金融当局への確認依頼を発行することにより、快適さを確保しています。

FINMAは、このような「不活性」の要求を勧告し、規制の解釈を確認することを勧めました。

証券および投資法

スイスの証券法は、資産トークンまたは資産トークンの機能(例:未開発プラットフォームを使用した安定トークンまたはサービストークン)のいずれかの発行に適用されます。

ただし、発行者または第三者に対する請求権を主張しない支払トークンおよびサービストークンは、任意の権利を表すものではないため、スイスの証券法の対象外です。このような支払トークンとサービストークンは、今後は無形のデジタル資産として分類されるべきです。

発行者または第三者に対する権利を表すトークンの発行

DLT法は、DLT権利(DLT権利)を新しい資産クラスとして導入しました。資産またはサービストークンのCOに基づき、発行者または第三者に対するいかなる請求も提示します。 DLTの権利は、証券を認証された証券機器または非証券化された証券登録に結び付けることにより、トークンへの権利を結びつけることによって、文書または非文書の証券のデジタル相当物として設計されています。DLT権利は、該当する分散登録でのみ行使または譲渡できます。DLT権利の範囲に関しては、文書または非文書の証券として発行できるいかなる権利もDLT権利として発行できます。したがって、これらは交換可能な契約上の請求(債務の義務など)を提示するために使用できます。ただし、DLT権利として形式化できないものとして、暗号通貨または資産の所有または実質的な管理を挙げることができます。

分散登録法によれば、分散登録への権利を与えるためには、発行者と最初の保有者の間の合意に基づき、分散登録に関連する権利の登録およびそのような権利が関連する分散登録内でのみ譲渡および行使されることが義務付けられます。当事者が明確にDLT権利を設定し、スイス法を適用する意向を明らかにすることが推奨されています。そのような法の選択がない場合、分散登録法により修正されたスイス私法国際法により、発行者の登録または居住地の法律が適用されるとされていますが、財産権に関する特別なルールが適用されます。

さらに、DLT法は、DLT権利に対する分散登録の特定の特性を規定しています。そのような分散登録は、DLT権利の所有者(債務者ではなく)にのみDLT権利の処分権を付与し、適切な技術的および組織的手段によりその整合性を不正なアクセスと変更から保護する必要があります。取引の条件や関連する分散登録の権利を登録または分散登録を介して利用可能にし、分散登録の記録が一般にアクセス可能であることを確保する必要があります。ただし、DLT法は、登録の最小参加者数や使用されるコンセンサスメカニズムなどの技術的要件を指定していません。

最後に、DLT権利は、FISAによるスイス連邦証券仲介法に基づいて未証券化証券の創出の基礎として使用されることがあります。これは、DLT権利をFISAの意

味でのカストディアンに譲渡し、このカストディアンがDLTの権利を1つまたは複数の証券口座に記入することによって行われます。カストディアンは、未証券化された証券として保持されるDLT権利をブロックする必要があります。

トークンの転送要件

スイス法によれば、発行者または第三者に対する請求権を主張しない支払トークンおよびサービストークンは、それぞれの分散登録の条件に従って合法的に作成および転送することができます。したがって、転送は実際には2つの財布間の取引を通じて行われることがあります。

一方、DLT権利として発行される発行者または第三者に対するいかなる請求も代表する資産トークンまたはサービストークンは、それぞれの分散登録のルールに従ってのみ転送されます。DLT法において、DLT権利の表示された関連権利がDLT法におけるデジタル表現なしでどのように転送されるかはもはや問題ではありません。資産トークンまたはサービストークンがDLT権利として発行されない場合のように、発行者または第三者に対する請求を代表するトークンの場合です。DLT法は、このような転送の最終性に関する規則を規定しており、送信側が破産した場合でも、これらの転送が確定されます。DLT権利保有者は、また、権利を未承認の販売者から取得した場合、紙の証券証明書保有者と同様に公正な保護を受ける権利があります。

トークンの証券としての分類

金融市場インフラ法(FMSA)の第2(b)項によれば、証券は、認証されたまたは未証券化の証券、派生証券、中間証券、またはDLT権利のいずれかであり、これらは標準化され、大量取引に適しています。金融市場インフラ法の第2(1)条に従えば、「標準化され、大量教育に適している」これは、この文脈では、次のことを意味します。優先順位は、同じ構造および額面で一般公開されるか、または20人以上の顧客に同じ条件で配置されるか。

FINMAはICOマニュアルで、これらのルールを以下のようにマーカーに適用することを説明しました:

  1. 支払トークンは、FINMAによると、支払手段として使用されることを意図しているため、証券とは見なされません。支払トークンは、発行者または第三者に対して行使できる権利を表していないため、証券と定義できません。
  2. ユーティリティトークンは、トークンが販売時にプラットフォームが操作可能でない場合、またはトークンが発行者または第三者に適用される権利を表す場合に、証券として資格を取得できます。これらのサービストークンは投資目的を持つと考えられています。FINMAはまた、サービストークンが独自の目的のために使用できるかどうかを判断するために、個別のケースごとの分析が必要であると説明しています。特に、ユーティリティが(まだ)使用できないプラットフォームまたはアプリケーションのテストコンセプトまたはベータ版が、FMIAの目的のために証券の定義を超えるのに十分でないと述べています。ただし、トークンの資格は時間とともに変化する可能性があるため、
  3. 資産トークンは、一般に公開されるか、20人以上の者によって販売された場合に証券と見なされます。

FINMAは、予備販売の結果として投資家が将来トークンを受け取るまたは購入する権利を法的に保証する場合、単純な将来のトークンに関する合意など、投資家の権利が20人以上の者によって同じ条件で公開されるか、または顧客に対して同一の条件で提供される場合には証券として分類されます。一方、予備販売の権利は、予備販売取引で使用される条件が標準化されていない場合、または各投資家に対して異なる条件が使用されている場合には証券ではありません。例えば、権利の数、価格、

または任意のブロッキング位置を変更することにより。

  1. 債務が、大量取引に適した標準化製品として発行された債務証券または同様の機能を持つ非文書化権利である場合、および債務者が発行時にBDMの第5(3)(b)項で説明されている最低内容を含む開示(たとえば、公開買付書または私募案内書)を提供する場合、債務は預金と見なされません。そして
  2. 債務が、クライアントの取引の決済に使用されるクライアントの資金から発生し、これらの資金がクライアントとの取引を決済するために使用される、お金の利子が支払われず、-企業の証券口座を除く-最大で60日以内に決済されます。

さらに、スイス法はBOROの第6(2)項にサンドボックスの例外を提供しています。この例外に従えば、銀行免許なしに、公衆(つまり、20人以上の者)から最大で1百万スイスフランまでの預金を受け入れることが許可されます。ただし、これらの預金から利息が発生せず、預金が受け入れられるまで、投資家は、受信者がFINMAによる監督の対象ではないことと、投資がどの預金保護制度にも保護されていないことを知らされました。

さらに、これらの預金が再投資されず、または利息を生じさせないように、公衆から最大で1億スイスフランの預金を受け入れる組織は、「ライト」銀行免許を要求することができます。完全な銀行免許と比較して、組織、リスク管理、コンプライアンス、規制監査人の資格、および資本要件に一部の例外が適用されます。ライトバンキングライセンスは2019年1月1日から利用可能です。これは、クリプトスペースで活動する組織が、一般の人々からの預金を1億スイスフランの限度額以下で受け入れる意向がある場合に興味深い選択肢となる可能性があります。

トークンの保管サービスの提供に関して、銀行ライセンスまたは銀行ライセンスが適用されるのはどのような状況ですか?これは、プロバイダーが支払トークンを個々のクライアントの公開アドレスごとにではなく、複雑なクライアントアカウント(たとえば、複数の顧客用の共通の公開アドレスに)に保管する場合に適しています。クライアントアカウント上のこのような保管活動は、銀行ライセンスまたは銀行ライセンスが必要です。

トークンブローカーサービスの場合、サービスプロバイダーが自社の口座または公開鍵に法定通貨またはトークンを受け入れる場合、そのようなサービスには銀行ライセンスが適用される可能性があります。この場合、サービスプロバイダーは上記の免除に依存する必要があります。ただし、この例外は、通貨トレーダーと同様の活動を行う仮想通貨トレーダーには適用されません。

募集要項

スイスの暗号規制 トークンの分類が証券としてであろうとなかろうと、発行者に対して行使できる権利のデジタル表現を代表するトークンに関して、トークンがスイス金融サービス法(FinSA)による募集要項の対象となるかどうかという問題が生じます。FinSAによれば、募集要項の義務は、証券の一般的な公開募集に一般的に適用され、証券として資格を持つトークンも含まれます(詳細はII.iv節を参照)。

また、小売投資家向けに提供される金融商品に関しては、FinCAが、ヨーロッパ連合において現在適用されているパッケージ化された小売及び保険投資商品規制に類似した追加の開示文書として、投資家マスタードキュメントの作成義務を導入しました。この新しい義務は、金融商品として資格を持つ一定の種類のトークンにも適用されます(例:構造化製品または派生経済を持つ資産トークン)。

トークンを証券として分類した場合の規制上の影響

それらが証券として分類される場合、それらはFinSAの規制枠組みおよび金融機関法(FinIA)の対象となります。この規制枠組みによれば、これらのトークンに関して顧客(機関投資家以外)のためのブローカリング活動、およびこれらのトークンに関して行われる市場創出活動については、証券会社のライセンスが必要です。また、これらのトークンの引受およびデリバティブとして資格を持つトークンの発行は、専門的な基盤で行われる場合には、証券会社または銀行の許可を受ける必要があります。各場合において、この活動が専門的な基盤で行われる場合、ライセンスの要件が発生します。

また、トークンの証券としての資格は、これらのトークンが販売される任意の二次取引プラットフォームに対するFMIAのライセンス要件に影響を与えます。

集団投資法

集団投資スキームまたはファンドを通じてトークンへの投資、または集団投資スキームの単位を代表するトークンの発行に関連して、スイス集団投資スキーム法(CISA)およびその執行規定の規則を考慮する必要があります。 CISAの目的のために、集団投資スキームは、投資家の代理で集団的に管理するために投資家から集められた資産のプールです。 CISA規制は、集団投資スキームまたはファンドに選択された法的形態に関係なく適用されます。

その結果、トークンの発行、およびトークンに関連するいかなる事業活動(それらの分類に関係なく)、お客様からの資産が投資目的のために組み合わされる場合(つまり、各投資家ごとの投資の区分がない場合)、または顧客の資産がこれらの顧客の代理で第三者によって管理される場合、CISAおよびFinIAの要件の対象となり、スイスの集団投資スキームの規制の観点から分析する必要があります。

企業は一般的にCASAの対象とはなりません。ただし、事業と集団投資スキームとの区別は、個別のケースごとに行われることができます。

銀行業務と送金

スイス銀行法(ABS)によれば、主に金融会社が公衆から預金を受け入れる場合(つまり、20人以上の人々)またはこれらの活動を公然と宣伝する場合、銀行免許が必要です。スイス銀行規則(CFA)によれば、特定の活動は、一般に預金調達活動と見なされますが、CFOの第5(2)および(3)項に記載されている例外のいずれかが適用され

る場合を除きます。

トークンの販売の文脈では、最も重要な例外は次のとおりです。

  1. 債務が、大量取引に適した標準化製品として発行された債務証券または同様の機能を持つ非文書化権利である場合、および債務者が発行時にBDMの第5(3)(b)項で説明されている最低内容を含む開示(たとえば、公開買付書または私募案内書)を提供する場合、債務は預金と見なされません。そして
  2. 債務が、クライアントの取引の決済に使用されるクライアントの資金から発生し、これらの資金がクライアントとの取引を決済するために使用される、お金の利子が支払われず、-企業の証券口座を除く-最大で60日以内に決済されます。

さらに、スイス法はBOROの第6(2)項にサンドボックスの例外を提供しています。この例外に従えば、銀行免許なしに、公衆(つまり、20人以上の者)から最大で1百万スイスフランまでの預金を受け入れることが許可されます。ただし、これらの預金から利息が発生せず、預金が受け入れられるまで、投資家は、受信者がFINMAによる監督の対象ではないことと、投資がどの預金保護制度にも保護されていないことを知らされました。

さらに、公衆から最大1億スイスフランまでの預金を受け入れる組織は、「ライト」バンキングライセンスを要求することができます。完全な銀行ライセンスと比較して、組織、リスク管理、コンプライアンス、規制監査人の資格、および資本要件に一部の例外が適用されます。ライトバンキングライセンスは2019年1月1日から利用可能です。これは、クリプトスペースで活動する組織が、一般の人々からの預金を1億スイスフランの限度額以下で受け入れる意向がある場合に興味深い選択肢となる可能性があります。

トークンの保管サービスの提供に関して、銀行ライセンスまたは銀行ライセンスが適用されるのはどのような状況ですか?これは、プロバイダーが支払トークンを個々のクライアントの公開アドレスごとにではなく、複雑なクライアントアカウント(たとえば、複数の顧客用の共通の公開アドレスに)に保管する場合に適しています。クライアントアカウント上のこのような保管活動は、銀行ライセンスまたは銀行ライセンスが必要です。

トークンブローカーサービスの場合、サービスプロバイダーが法定通貨またはトークンを自社の口座、またはそれに準じる公開鍵に受け入れる場合、このようなサービスには銀行ライセンスが適用される可能性があります。この場合、サービスプロバイダーは上記の免除に依存する必要があります。ただし、この例外は、通貨トレーダーと同様の活動を行う仮想通貨トレーダーには適用されません(つまり、彼らの顧客に通貨トレーダーと同様の破産リスクをさらす活動を行う)。

利点

管轄区域の威信と世界的な知名度

影響力のあるブロックチェーンコミュニティ

4ヶ国語でライセンス申請が可能

最適なカントンを選択できる段階的な課税システム

マネーロンダリングとの闘い

適用される規則

スイスの法律によれば、マネーロンダリング規制はスイスの反マネーロンダリング法(AMLA)および反マネーロンダリング法(AMLA)から成り立っています。反マネーロンダリング法は、金融中介機関を対象として適用されます。要するに、監督対象の実体に加えて、他人の資産を受け取り、所有し、または預け入れ、またはそのような資産の投資を専門的に促進する任意の人物は、反マネーロンダリング法第2条(3)に規定された金融中介機関として分類されます。また、行動計画には、金融中介と見なされる活動の非限定リストが含まれています。ICOおよびトークンの文脈において、発行者と独占的に使用されない支払手段の発行、金銭の形での支払取引に関連するサービスの提供、資産の移転、通貨交換サービスは重要な金融中介活動です。

EPAの意味での金融中介機関は、AMLAに従って認可された自己規制団体(SRO)と関連付ける必要があります。また、金融中介機関は、反マネーロンダリング法に規定された義務を遵守する必要があります。これには、契約当事者とその実質的な所有者に関連付けられた顧客(FCA)を特定および識別する義務が含まれます。また、マネーロンダリングまたはテロ資金供与の疑いのある場合には、スイスのマネーロンダリング報告事務所に報告する必要があります。

2019年8月26日付けのFINMA 02/2019 ブロックチェーン支払いガイドによると、FINMAはFINMAによって管理されている金融中介機関はブロックチェーン取引の交通規則を遵守する必要があると述べています。これは、金融中介機関がSROに所属しているため、AMLの目的で他の金融中介機関にも適用されます。交通規則により、関連するスイスの金融中介機関は、フィアットマネーの電子送金に必要な情報と同じ情報を送信するか、あるいは(1)受取人をスイスのUNDER規則に従って顧客として特定するか、(2)関連するスイスの金融中介機関によって決定された適切な技術的手段によって彼が使用しているウォレットの利用権を受取人が有することを確認する必要があります。

ICO

発行されるトークンの分類によって、ICOによって発行されるトークンの発行は金融仲介として資格が付与される可能性があります。以下に示すように、FINMAはこの問題についてそのICOガイダンスで明確さを提供しています。

支払いマークの発行は支払い手段の発行として分類され、したがってAMLAの下で金融仲介を構成します。

特定のアプリケーションやプラットフォーム(たとえば、そのようなプラットフォームで使用されるサービスを支払うためのサービストークンを使用する能力など)での支払い機能のあるサービストークンを発行する場合、金融仲介は仲介活動です。ただし、サービストークンの発行は、サービストークンに支払い機能がない場合や、支払い機能がサービストークンの付随的な機能として特例的に取り扱われる場合を除き、金融仲介と見なされません。この例外を利用するには、サービストークンの主な目的が非金融アプリケーションへのアクセス権を付与することであり、支払い機能を含めないと非金融アプリケーションへのアクセス権を付与できないことが必要です。ただし、FINMAはこの例外を非常に制限的に適用しており、実際には、任意の支払い機能を持つサービストークンは、AMLA内で金融仲介として扱われます。

資産トークンの発行は、AMLAの下では金融仲介として認定されません。資産トークンが証券として分類され、銀行、証券会社、または他の監督対象の主体によって発行されていない場合は、資産トークンの発行が金融仲介と見なされません。ただし、実際には、資産トークンの発行者は、ICOの収益が移転される銀行の要件の遵守のために、任意のCACおよび識別プロセスを実施する必要があることがよくあります。

将来のトークンの購入権の付与は、事前の取引の一環として金融仲介ではありません。ただし、AMLAによる支払手段の問題として資格付けされるトークンの後続発行(すなわち、支払トークンおよびこれらの例外の対象となるサービストークン)は、事前のICO投資家に対して金融仲介と見なされます。その結果、反マネーロンダリング法から生じる義務が採用される時点で発生します。

AMLAの対象となるICOに関して、FINMAはAMLAから生じる義務(KYCなど)を、スイスの金融仲介機関に委託することができると述べています。これは、ICOからの任意の資金が金融仲介を介して受け入れられる場合に限ります。つまり、投資家によって支払われた任意のトークンまたは法定通貨は、適切な発行者に移転される前に、委託パートナーの公開キーまたは口座に移動される必要があります。

取引所および仲介サービス

法定通貨とトークン、またはその逆、あるいは異なる2つのトークンの交換は、AMLAの条件下で金融仲介と見なされます。

サービスプロバイダーが直接交換サービスを提供する場合(つまり、顧客の交換パートナーとして機能する場合)、この活動はAMLOにおける通貨交換として資格が付与されます。これらのサービスでは、外国為替取引が暗号通貨にリンクされている場合、最低限のしきい値は1,000スイスフランであり、このしきい値以下の取引はKCSまたはAMLAの識別義務の対象外です。

サービスプロバイダーが第三者を介した交換サービス(例:トークン交換プラットフォーム)を提供するか、サービスプロバイダーがトークンや法定通貨の移転または交換に関連するサービスの提供において仲介者として機能し、支払いプロセスに参加する場合、これらのサービスは、AMLAに従って、金銭および資産の移転サービスとして分類されます。サービスプロバイダーは金融仲介と見なされます。

また、FINMAは、自己の管理下にあるエンティティによる支払いサービスの提供に関連して、暗号資産の外部ウォレット(たとえば、第三者が管理するウォレット)への送金は、受信者のウォレットアドレスがそのクライアントのものである場合にのみ許可されると示しました。これはチェックされるべきです。FINMAは、ブロックチェーンで送信者および受信者の取引に関する識別情報を提供する方法が現在存在しないため、これによるアプローチを正当化しています(SWIFTなどの従来の銀行送金と同様)。

管理者サービス

管理者サービスプロバイダーは、保管されたトークンのプライベートキー(管理ウォレット)を処分する権利を持っている場合、金融仲介と見なされます。さらに、この活動は銀行ライセンスの取得の必要性を引き起こす可能性があります(IV節を参照)。

取引所の規制

証券としての資格を有するトークン

2021年8月、DLT法が、DLT権利が証券として資格を有する取引プラットフォームの新しいカテゴリーのライセンスを導入しました。したがって、立法府は、少なくともそのようなDLT証券が非文書的な権利として構成されるまで、スイスで証券に分類されるトレードトークンの取引プラットフォームの作成を阻止していた障壁を取り除くために、技術的に中立な規制の原則を逸脱しています。以前のライセンスオプションでは、取引プラットフォームはポストトレードアクティビティを取引プラットフォームに統合することができませんでした。また、取引のクリアリングおよび決済には別々の中央相手方および中央証券デポジトリが必要です。分散レジストリでの取引に関しては、そのような取引は通常、追加のクリアリングや決済に関与する追加の仲介者を介さずに、分散レジストリに取引を登録することによって同時に行われます。また、取引プラットフォームは小売顧客に直接アクセスすることは許可されていません。

DLT法は、DLT権利または分散レジストリに表される他の権利の多角取引のプラットフォームとしてDLT取引システムを導入することで、DLT証券として資格を有するもの(DLT証券と統称して)を紹介しました。次のいずれかの要件を少なくとも満たす:取引システムは、非規制法人または個人が参加者として取引することを許可する。取引システムの運営者がDLT証券を一元的に分散レジストリに基づいて預託する。取引システムの運営者がDLT証券に関するポストトレード取引(クリアリングおよび決済など)を一元的なルールと手続きに基づいて行う。

さらに、DLT法は、証券会社または銀行として規制された企業が、DLT権利の取引のための組織化された取引メカニズムを管理することを許可しています。

その他のトークン

証券のカテゴリに該当しない支払いトークンやサービストークンの交換の規制に関して、スイス法にはこの種のビジネスに対するライセンス要件はありませんが、スイスAMLの要件を満たすことを確認する必要があります(セクションV)。しかし、このような取引所の取引は通常、外貨またはそのようなトークンの受け入れを取引所の口座や公開鍵に含むため、銀行ライセンスの要件が発生する可能性があります(セクションIV)。

仲介サービスと同様に、取引所は、自身の口座や公開鍵に受け入れられた顧客の資金が交換取引にのみ使用され、無利子で60日以内に送金される場合、クリアリング口座の免除を利用することができます。また、この免除は、顧客が通貨トレーダーと同様の破産リスクにさらされない場合にのみ適用されます(IV節)。

さらに、取引所は、スイスAMLの規定に基づいて、取引所参加者からCHF 1百万未満の法定通貨とトークンを受け入れ、取引所運営者が監督されていないことや、預金保護に関する保護がないことを参加者に通知する場合、SBOの第6条(2)に基づくサンドボックスからの免除を受けることができます。

いずれにせよ、トークン取引の運営は、AMLOの第4条(2)に従って資金や資産の移動のサービスです。したがって、取引所運営者は、金融仲介業者として、SROに加入する

か、またはFINMAからライセンスを取得する義務があります。

仮想通貨マイニング規制

無制限の分散型ネットワーク(例:EthereumまたはBitcoinブロックチェーン)では、各分散レジストリのネイティブトークンを採掘することが、トランザクションを分散レジストリに記録する際に重要な役割を果たしています。中央機関がトランザクションを管理しないため、金融取引を保護し、詐欺が発生しないようにするために、マイナー(またはクリプトマイナー)はトランザクションを検証し、それらを分散レジストリに追加する必要があります。

マイナーの作業は、分散レジストリのエコシステム全体に開かれています:誰もがこのネットワークに参加し、トークンの採掘に潜在的に参加できます。各トランザクションブロックごとに、マイナーはトランザクションを検証し、その結果をネットワークに分配するための数学的プロトコルを使用します。このプロセスにより、マイナーは自分たちの採掘活動に対して新しい仮想通貨を受け取ることができます。

スイスにおける暗号通貨規制概要

検討期間 8ヶ月から 監督のための年間料金 3,500ユーロから
申請にかかる州料金 1,750ユーロから 現地スタッフ 最低3人
必要な資本金 300,000ユーロから 物理的オフィス 必要
法人所得税 11% – 24% 会計監査 必要

規制フレームワーク

現在、スイスでは鉱夫の地位を規制する特別な法律はありません。スイス法に従えば、トークンの鉱夫(トークンの自己発行)は、II-VI節で説明されている規制対象の活動を行わない限り、ライセンスが必要ありません。

証券として認定されるトークンの独立した発行は、通常、FinIAに従って証券会社としてのライセンスを必要としません。これは、これらの派生物が専門的な方法で一般に公開されていない場合にも当てはまります。

FINMA監査および鉱業に関連する執行手続き

FINMAはブロックチェーン技術に肯定的な傾向がありますが、特にICOの文脈で、スイスのブロックチェーンネットワークが詐欺から解放された状態を維持するために、すべての市場参加者を密接に監視しています。彼は定期的に投資家と関連するリスクを強調し、規制法に違反するか回避するICOビジネスモデルに対する措置を取ることを約束しています。

例えば、2018年7月に、FINMAはスイスの鉱業会社Envion AGに対して、ICOの文脈でスイスの金融規制に違反したとして法的手続きを開始しました。これにより、FINMAは同社が銀行ライセンスなしに預金を集めていると結論付け、破産の結果として同社の清算を命じました。

トークン鉱業活動の規制ステータスがいくつかの疑問を提起する可能性があるため、例えば特定の鉱業活動に関連してFINMAからの不可欠性に関する書簡を確認することで、提案された活動がすべての規制要件を満たしていることを法的に確実にすることが常に推奨されます(セクションII.IV)。

発行者規制

トークン発行者の法的および組織的形式に関しては、通常、2種類の形式が使用されます:ファンドと株式会社。

ファンドは、株主がいないため、ファンドの取締役会の完全な独立性と管理を確保します。ただし、その資産は設立書で指定されたファンドの目的に従って使用されなければなりません。したがって、利益配当はこの目的に限定され、利益を創設者間で分配することはできません。また、各ファンドは州の管理の対象となります。基金または株式会社が政府と非営利目的の両方を追求する場合、一部の税制上の免除が付与されることに注意してください。ただし、そのような免除の条件は非常に厳格であり、通常、ICO組織によって満たされることはありません。

ICOの文脈では、少なくとも部分的に商業目的があり、発行者が非営利目的を追求していない場合、スイスのファンドの法的形式はほとんどの場合適切ではありません。 . その堅実な構造は、特に創設者がファンドの資産や資金に対する財産権や他の管理権を持っていないため、通常必要な柔軟性を提供しませんでした。また、ファンドの活動の実施に対する法的手段を持っていません。その代わりに、株式会社がICO発行者にとってより適切な企業形態です。

株式会社として登録されたICO発行者は、スイスの銀行に預けられた50,000スイスフラン(最低払込資本100,000スイスフラン)を持っていなければなりません。 。ただし、登録後、口座の管理場所に制限はありません。発行者は外国銀行でも口座を持つことができます。

発行者は、セクションIIからVIに指定されている範囲内で、規制要件を満たさなければなりません。

発行されたトークンの分類に応じて、トークン発行者は金融仲介(セクションV.IIを参照)に従属する場合があります。 ICOとトークンの文脈で、発行者との取引ができない支払い手段の発行、資金移動および資金交換サービスとしての支払い取引に関連するサービスの提供など、金融仲介が該当する可能性があります(セクションV)。

スポンサー

セクションIIからVIに記載されている規制された活動の範囲内に含まれる活動がない場合、トークンのスポンサーシップ、マーケティング、広告、およびトークンのプロモーションは現在、スイスでのライセンスの対象外です。

ただし、これは次の理由によるものです:

  1. SBAまたはFinIAのライセンス要件:スポンサード会社が外国の銀行または証券会社としての規制された地位を持っている場合、それがスイスの法律の下で銀行業または証券取引に該当する活動を行うか、またはその会社の名前に「銀行」または「証券会社」の用語が使用されている場合、スイスまたはスイスからこの外国の銀行またはブローカーディーラーに対する任意のマーケティング活動は、スイスで専門的かつ常設的な基盤を持つスイスの個人によって行われる場合に限り、FINMA支店または代表事務所のライセンス要件の対象となる可能性があります。または
  2. 発行プロスペクト要件:トークンがFinSAに従って証券として資格を持つ場合、または代替として、COに従って2020年12月1日までにのみ公開される場合。

スイスの暗号通貨課税

2019年8月、スイス連邦税務局(FTA)は、財産税、個人所得税、法人所得税、源泉徴収税および印紙税の目的での暗号通貨およびICOの課税制度に関する作業用紙を公表しました。この作業用紙で説明されている実践は以下の通りです。ただし、これは単なる簡単なレビューであり、まだ暗号通貨またはICOに関連するすべての税金の問題が考慮され、最終的な回答がされているわけではありません。したがって、以下で説明されている税務管理の実践が発展し変化する可能性があります。したがって、ICOを開始する前に、責任ある税務当局から事前の税務決定を取得することを強くお勧めします。

さらに、以下の説明は、スイスに登録された発行者に関する税務上の結果に限定されています。これらの発行者は、資産トークンおよびユーティリティ形式のいずれかの相手に対して金銭的権利を持つコインまたはトークンを発行しました。

トークンの課税

資産トークンは、投資家と発行者との間の固定報酬または特定の、事前に定められた投資家の持分(例:発行者のビジネスの価値に対する収益から利益と税金(EBIT)まで)からなる権利です。したがって、資産マーカーの税法的分類は、大部分が法的関係の民事構造に依存しています。

これまでに、資産トークンは税務上、次の3つのサブカテゴリに分かれています:

  1. 債務トークン:これらのトークンは、発行者が投資のすべてまたは重要な部分を支払い、該当する場合は利息を支払う法的または実際の義務を表します。
  2. 株式トークン:これらのトークンは、発行者が投資を返却する義務を要しません。投資家の権利は、利益または清算の結果またはその両方に対する特定の割合で測定される現金支払いに関連します。
  3. 参加トークン:これらのトークンには、発行者が投資を返却する義務は含まれません。投資家の権利は、発行者の特定の基準値(例:EBIT、ライセンス収入または売上)の比例割合を意味します。

発行者の場合、これら3種類の資産マーカーの税務処理は以下の通りです。発行者がスイスに税籍を置いている法人である場合。

債務トークン

  1. 法人所得税:共同資金調達から受け取った資金は課税されず、発行者の負債として貸借対照表に反映されます。投資家への利息支払は一般的に事業費用であり、したがって課税の対象ではありません。
  2. 源泉徴収税:債務トークンへの通常のおよび一時的な利息支払は、源泉徴収税率35%で源泉徴収されます。源泉徴収された税金を回収することができるか、そしてその程度は、個々の投資家によって異なります。
  3. 印紙税:債務トークンの発行は譲渡税の対象外です。逆に、二次債務トークン市場での取引は通常、譲渡税の対象であり、債務トークンの購入価格の最大0.15%の税率が適用されます。ただし、これは、スイスまたはリヒテンシュタインの証券取引業者が、譲渡税法で定義された条件を満たし、取引に当事者として参加するか仲介業者として行動する場合にのみ可能です。例外が適用されない限り。

株式トークンは、税務上の派生金融商品と見なされ、したがって次のように処理されます:

法人所得税:株式トークンの発行によって調達された資金は課税対象の所得として分類され、発行者の損益計算書に収益として報告されます。発行者が特定のプロジェクトを実施する契約上の義務を負った場合、予備費は費用として認識され、それにより課税所得が相応に減少します。プロジェクトの完了後に不要となる予備費は、損益計算書に含める必要があります。利益配当または清算の結果に基づく投資家への支払(またはその両方)は通常、非課税の費用として処理されます。ただし、これは投資家が支払時点で、発行者が発行されたトークンの50%以上を所有していないことを知っており、トークン保有者への支払額がEBITの50%を超えないことを意味します。これらの条件が満たされない場合、税控除可能な利益配当が行われます。

源泉徴収税:株式トークンまたはその支払は源泉徴収税の対象外です。ただし、発行者の株主が発行されたトークンの50%以上を所有し、トークン保有者への支払額がEBITの50%を超える場合、FTAは、上記のように、利益の隠れた分配を想定しています。源泉徴収税の課徴の対象となります。税の逃れの場合、FTAは源泉徴収税を課す権利も留保します。

印紙税:トークンの発行は印紙税の対象外です。トークンが印紙税法の意味で参加権を持たないためです。発行者の株主が購入した株式トークンの場合、支払が課税対象かどうかが問題となります。これは、支払いに対する適切な報酬が支払われたかどうかに依存します。そのような記録がある場合、課税対象の貢献は課されませんが、それがない場合は1%の課税手数料が課されます。派生金融商品は一般的に印紙税法の下では課税されないため、二次市場取引は譲渡税の対象外です。

参加型トークンも税務上の派生金融商品と見なされるため、株式トークンと同様の税務上の取り扱いがされます。これに関する上記の明確化に従って参照されます。

サービストークンの課税

税務分析の目的で、発行者がサービストークンの販売から得た収益を、デジタルサービスの開発にのみ使用し、投資家にサービスのアクセスまたは利用を提供することを約束していると仮定されます。発行者には、投資家への追加の義務はありません。ユーティリティトークンは基本的に、発行者と投資家との間の契約関係として分類されるべきです。その任務は、発行者が投資家との間の契約に従って行動することです。したがって、税務上の目的で、サービストークンは以下のように処理されます:

  1. 法人所得税:ユーティリティトークンの発行によって調達された資金は課税対象の所得として分類され、発行者の収益報告書に収入として記録されます。発行者が特定のプロジェクトを実施する契約上の義務を負った場合、予備費は費用として認識され、それにより課税所得が相応に減少します。プロジェクトの完了後に不要となる予備費は、損益計算書に含める必要があります。
  2. 源泉徴収税:契約関係に関連する請求は源泉徴収税の対象外です。したがって、デジタルサービスの利用権は収入の源泉として課税されません。
  3. 印紙税:トークンの発行は、印紙税法の意味で参加権の対象外であるため、印紙税の対象外です。発行者の株主がユーティリティトークンを購入した場合、支払いが課税対象かどうかが問題となります。これは、トークンサービスの購入価格が適切な報酬であるかどうかに依存します。そのような記録がある場合、課税対象の貢献は課されませんが、それがない場合は課税手数料が1%課されます。ユーティリティトークンは印紙税法の下では課税証券には該当しないため、二次市場での発行も取引も対象外です。

MiSA

DLT法は、スイスの法律における主要および二次的なデジタル資産市場の発展における最も重要な障害の一部を取り除き、トークンで表される権利の発行および取引に堅固な法的枠組みを確立しました。将来的には、DLT法に含まれる新しい側面を実務に考慮する必要があります。しかし、国境を越えた問題に関しては、新しい立法が他の関連市場で現在有効な新しい立法によって将来的に制限される可能性があります。たとえば、欧州委員会が202

0年9月24日に公表した暗号資産市場に関する欧州規制(MiCAとして知られる)の提案などです。これにより、スイスで発行されたトークンの配布に追加の要件が課される可能性があります。

当社の弁護士は、スイスでの暗号通貨ライセンス取得に関するすべてのご質問に喜んでお答えし、また、ライセンスプロセス全体をご支援いたします。

スイスでの暗号通貨会社の設立

スイスでの暗号通貨会社の設立スイスは、革新的な業界に対する政府の積極的な姿勢により、安定したがダイナミックな環境で暗号通貨ビジネスを始めるための最も魅力的な管轄区域の1つと見なされています。

世界的に有名な暗号通貨の谷や他の名門スイス地域で会社を設立したい場合、注意すべき重要な側面の1つは、暗号通貨ライセンスの要件です。規制されたカテゴリーに属する暗号通貨活動を行う場合は、スイスでの暗号通貨ビジネスを開始する前に必ず取得する必要があります。ライセンスは、スイス金融市場監督庁(FINMA)によって付与されます。その主な目標はAML/CFT規制の遵守を確認することです。

暗号通貨活動の性質によって、各企業の管理要件や規制機関の関与が決定されるため、企業の形成プロセスを開始する前に暗号通貨の運用範囲を明確に定義することが重要です。

スイスの暗号通貨会社の誇り高い創設者になる際は、Crypto Valley Associationなどの影響力のある組織からサポートを求めることを忘れないでください。その目的は、市場参加者と当局の協力を促進することにより、世界最高のブロックチェーンと暗号生態系を構築することです。

事業体の種類

スイスでは、すべての会社がスイス商法に基づいて設立されます。暗号通貨ライセンスを取得するために資格がある以下の種類の株式会社:有限責任会社(GmbH)、無限のパートナーを持つ法人(KmAG)、または株式会社(AG)があります。ビジネスモデルやサイズに最適なものを選択できます。選択した法的事業構造と文書の質に応じて、形成プロセスには最大で4ヶ月かかる場合があります。

これらの会社は、スイスに法的に存在する法人またはスイスに経済活動に従事する許可を持つ個人株主によって設立することができます。この個人株主はスイス市民である必要はありませんが、国内で経済活動に従事するためのB型許可を持っている必要があります。

初期株式資本要件は、法的事業構造のタイプと暗号通貨ライセンスのタイプ(または複数のライセンスの場合)によって決まります。たとえば、Fintechライセンス申請者は、初期株式資本口座に300,000 CHF(約289,000 EUR)の全額を送金する必要があります。

どの種類の株式会社を選択するにしても、以下の一般的な側面に注意してください:

  • 登録前に会社名の利用可能性を確認する必要がありますが、予約は許可されていません。会社名は一意で真実でなければならず、会社の法的構造の略語(AG、SA、KmAG、またはGmbH)を含んでいる必要があります。
  • 公証人によって設立のための公証書に署名する必要があります。
  • ビジネスの複雑さや州の料金に応じて、会社登録費用は数千フランに達することがあります。これには公証人料金も含まれます。
  • 株主および取締役は適格でなければなりません(高度な経営職務を遂行するために適格であり、計測された効果的な意思決定が含まれます)。
  • 地元のスタッフの雇用は義務付けられています。
  • スイスの企業弁護士の指名は義務付けられています。
  • 意図された経済活動の特性とビジネスの規模に対応する内部のAML/CFTおよびその他のリスク管理ポリシーの設計と実施が極めて重要です。
  • 外国銀行に運営用の企業銀行口座を持つことが許可されています。
  • ビジネス活動が行われ、地元のスタッフが雇用されるスイスに登記された事務所を持つことが必要です(代替として、他の会社または個人との住所を探すこともできます)。

必要書類:

  • ビジネスプランと会社の商業活動の詳細な検討
  • 創業者の身分証明書
  • 居住許可証
  • スイスの登記事務所の存在を証明する賃貸契約のコピー
  • 定款
  • 会社規則
  • 定款に記載されているもの以外の寄付や資産回収が存在しないことを証明するスタンパ宣言
  • 外国人にスイスの不動産を購入する許可を与えるレックス・フリードリヒ宣言

有限責任会社(GmbH)

最低出資金は20,000スイスフラン(約19,668ユーロ)であり、最近開設されたスイスの銀行口座に振り込むか、仮想通貨などの資産で預け入れる必要があります。

有限責任会社(GmbH)の主な特徴:

  • 中小企業に適しています
  • 少なくとも1人の創業者(自然人または法人)
  • 無制限の持分所有者
  • 債務に対する独占的な責任、ただし、定款で追加の資本の支払い義務を課すことがあります
  • 法人レベルでの所得に課税されます
  • 持分所有者は配当金に対して課税されます
  • 経営はすべてのパートナーに委任されています
  • 年次監査報告書が義務付けられています(小規模企業を除く)

有限責任会社(GmbH)の定款には以下が含まれます:

  • ユニークで互換性のある会社名
  • スイスの登記所の所在地
  • 明確に定義された事業目的および実施される主要な活動
  • 特定の出資金額および出資(現金、寄与、または外部債務として)
  • 関係者への通知方法の特定

無限責任のパートナーを持つ株式会社(KmAG)

このタイプの企業は、仮想通貨の起業家の間で最も一般的ではありません。ただし、無制限のビジネス(個人事業主や一般的なパートナーシップなど)がより多くの資本を動員する必要がある場合に通常使用されます。
無限責任パートナー会社(KmAG)の主な特徴:

  • 最低資本要件なし
  • 出資金は株式に分割される
  • 少なくとも1人の自然人が無制限の責任を負う必要がある2人以上のパートナーが存在し、これにより、彼が一般的なパートナーになります
  • 法人は、商業登記簿に登録された一定額の責任に限定される有限責任パートナーシップのみでパートナーになることができます
  • 責任の制限が商業登記簿に登録されていない場合、パートナーは制限なく責任を負い、第三者が有限責任を認識していることを証明できない限り、制限されません
  • 有限責任パートナーは、権利と責任が制限されています(つまり、会社の全体的な経営に責任を負うことはできません)

無限責任パートナー会社(KmAG)の定款には、次の情報が含まれる必要があります:

  • ユニークで互換性のある会社名
  • スイスの登記所の所在地
  • 明確に定義された事業目標と実施される主要な活動
  • 特定の出資金額および出資(現金、寄付、または外部債務として)
  • 株の詳細(種類、数量、額面価格)
  • 株主総会の組織および株主の投票権に関する規則
  • 会社を管理する人(取締役会)と監査(法定監査人)に指名された人物に関する情報
  • 株主への通知または宣言の特定方法

株式会社(AG)

最低出資金額は100,000スイスフラン(約98,000ユーロ)であり、そのうち20%以上かつ50,000スイスフラン(約49,000ユーロ)以上をスイスの銀行口座に振り込むか、仮想通貨などの資産として提供する必要があります。

株式会社(AG)の主な特徴:

  • 少なくとも1人の創業者(自然人または法人)
  • 法人レベルでの所得に課税されます
  • 無制限の株主数
  • 株主の責任は出資株式の額面に限定されます
  • 株主は配当金に対して課税されます
  • 取締役会は、会社を外部で代表する権限を持つ組織です
  • 取締役会は、日常の経営責任を第三者に委任することを決定することができます
  • 年次監査報告書が義務付けられています(小規模企業を除く)

株式会社(AG)の定款には、次の情報が含まれる必要があります:

  • ユニークで互換性のある会社名
  • 明確に定義された事業目標と実施される主要な活動
  • スイスの登記所の所在地
  • 特定の出資金額および出資(現金、寄付、または外部債務として)、および各株主が所有する株式の数量と価値
  • 株主に通知するための特定の方法

やるべきこと

一般的に、スイスの会社を設立するには、次の手順を踏む必要があります:

  • 企業名をEasyGovプラットフォームを通じて登録します。これにより、企業はスイスの事業および法人登記簿に自動的に登録され、固有の企業識別番号(UID)が割り当てられます
  • 他の誰もが登録していないことを確認するために、中央商号索引をチェックします
  • スイスの銀行口座を開設し、必要な最低出資金を振り込みます
  • 出資金が100万スイスフラン(約983,000ユーロ)を超える場合、登録日から30日以内に出資金の1%に相当する印紙税が課されます
  • スイス銀行協会は、ブロックチェーン企業の法人銀行口座開設に関するガイドラインを公開しており、こちらからアクセスできます
  • 原本の出資証明を提示するとすぐに、ノタリーが定款や他の法人文書をチェックし、会社登録の申請書を準備します
  • 売上が100,000スイスフラン(約98,000ユーロ)を超える企業は、所在地のカントン商業登記簿に登録する必要があります
  • 費用は600スイスフラン(約590ユーロ)です
  • 公証された文書は郵送または専用のウェブサイトを通じてオンラインで提出できます
  • FINMAに暗号化ライセンスを申請します
  • 連邦税務局およびカントン税務当局に登録します
  • 従業員を連邦社会保険事務所および州の補償事務所(Ausgleichskasse)に登録します
  • 商業保険を加入します

申請が処理されると、新しい会社が完全に登録されたと見なされると、事業登記簿がそのデータをスイス商業官報に公表します。

暗号化ライセンスが付与されると、スイスで暗号化関連の活動を開始することができます。将来的にトップマネジメントの変更やさまざまな技術的な調整、または主要文書の更新など、会社に変更がある場合は、FINMAに通知する必要があります。FINMAはビジネスを再開する許可を与えます。

ビジネスモデルと暗号関連の活動の性質に基づいて、次のいずれかのライセンスを申請できます:

  • フィンテックまたは金融仲介業者ライセンスは、政府預金を最大1億ドル受け入れることを可能にし、投資されない暗号資産を保存および取引できます。それらには利息が支払われない
  • 銀行ライセンスは、個人または法人からの預金の数に制限がありません
  • 投資ファンドライセンスは、ファンドマネージャーが顧客のために集合的なファンド資産を監督できるようにします
  • DLT取引施設ライセンスは、DLT証券の多国間取引を可能にします

スイスにおける暗号通貨企業の課税

スイスの税金は、連邦税務局(FSA)、カントン、および自治体によって徴収および管理されます。連邦税率は安定していますが、カントン税率は年次に決定され、各カントンの公式ウェブサイトで公表されています。

スイスで暗号活動を行うすべてのタイプの企業は、一般的に次の連邦、カントン、または地方税に対象となります:

  • 法人所得税(CIT)– 12%-21%
  • 譲渡所得税(WCL)– 0.001%-0.5%
  • 付加価値税(VAT)– 7.7
  • 源泉徴収税(GSP)– 35%;
  • 社会保険料– 0.5 – 5.3
  • 印紙税– 1%

スイスは約100か国と二重課税の撤廃に関する国際協定を締結しており、納税者が二つの異なる国での税収を保護することができます。

私たちの専門的で質の高い弁護士チームは、スイスでの暗号通貨会社の設立、暗号化ライセンス申請を含む、カスタマイズされた付加価値のあるサポートを提供いたします。プロセスの初めから、企業の設立、マネーロンダリングの法律の迅速な発展、財務会計、および課税の分野の専門家のサポートを受けることができます。

スイス

capital

首都

population

人口

currency

通貨

gdp

GDP

ベルン 8,636,896 CHF $92,434

2023年のスイスにおける暗号通貨規制

2023年、スイスはブロックチェーンベースのイノベーションのエピセンターの一つとして、仮想通貨などの革新的な金融ソリューションがますます奨励され、採用される場所となっています。規制の明確さと一貫性を提供するために、国家当局はビジネスが暗号製品やサービスを提供するための堅固な規制フレームワークの開発に対する取り組みを維持しています。

スイスでは、他のヨーロッパ諸国とは異なり、仮想通貨ビジネスを仮想資産サービスプロバイダー(VASP)として分類するのではなく、一部のビジネスを金融中介業者として分類し、適切で技術的に中立な規制フレームワークに含まれるものが多いというわずかに異なるアプローチを続けています。金融中介業者とは、支払いサービスを提供し、支払い手段を発行または管理する者です。スイス当局によれば、支払いトークンの提供や支払いトークンの発行は、支払い手段に関連する活動として数えられます。

2023年、次のような暗号関連の規制が最も関連性があり適用されます:

  • マネーロンダリング防止法(AMLA)およびマネーロンダリング防止指令、およびFINMAマネーロンダリング防止指令。これらは、マネーロンダリング防止のための金融中介業者の義務を定めています。
  • 金融サービス法と金融機関法、これらはすべての証券の一般公開をカバーし、資産担保トークンを含むことができます。
  • 銀行法、これは預金として分類されるトークンの発行者に適用されます。
  • 集合投資法、これは共同投資の目的で投資家から調達された資産トークンに適用されます。
  • 金融市場インフラ法、これはスイス国立銀行がDLT取引施設、中央証券管理機関、および支払システムを監督するための基礎です。

マネーロンダリングとテロ資金供与規制の変更

2022年末、マネーロンダリング防止法(AMLA)と連邦評議会のマネーロンダリング防止指令の最新の改訂に基づき、FINMAはFINMAマネーロンダリング防止指令を一部改正しました。これは、金融中介業者がマネーロンダリングとテロ資金供与を防止するための義務をどのように果たすかを規定しています。重要な変更点は、マネーロンダリング規則を回避する試みとして特定されるリンクされた取引やグループ取引に関するものです。リンクされた暗号取引の閾値は、30カレンダー日間につき1000 CHF(約1010 EUR)に設定されています。

これは、仮想通貨が法定通貨に換金されるか、ATMなどの匿名の支払い手段が使用される仮想通貨交換サービスに適用されます。この規則により、AML規制の下での本人確認の回避策として、大口取引が小口取引に分割されるのを防ぎます。

FINMAによると、有益な所有者の本人確認を義務付け、クライアントデータが定期的に更新されていることを確認することは、指令レベルで詳細に記載する必要はありません。ただし、金融中介業者がクライアントレコードの更新と確認方法を内部指令で規制するという規則は維持されます。

さらに、FINMAはスイス保険協会(SRO-SIA)の自己規制機関が発行した規制を認めました。FINMAの規制は、AML/CFTの目的のために改訂され修正された規制原則を反映し、最低基準として強制されます。FINMAの改訂された指令とSRO-SIAの規制は、2023年1月1日に発効しました。

さらに、FINMAは引き続きDLT証券の取引施設をFINMA法第73a条(DLT取引施設)に従って規制しています。AMLA規制は、ユーティリティトークンを除外しています。これは、ユーティリティトークンの発行の主な目的が、ブロックチェーン技術の非金融アプリケーションへのアクセス権の提供である限りです。

2023年のスイスにおける暗号通貨ライセンス

2023年、スイスでは以下の4種類のライセンスを引き続き発行しています:

  • 金融中介業者ライセンス(Fintech)、最も人気があり、仮想通貨ビジネスに対して最大1億CHF(約9600万ユーロ)までの公的預金の受け入れまたは仮想通貨の保管および取引を認可します
  • 銀行、自然人または法人による無制限の預金を許可します
  • 投資ファンド、ファンドマネージャーが顧客の代理で集合的なファンドの資産を監督することを認可します
  • DLT取引施設、DLT証券の多面取引を可能にします

 

詳細な要件は異なりますが、多くはAML関連であり、金融機関に特有です。したがって、ライセンスを申請する企業は、次の主要情報を提供する必要があります:

  • 提案される業務活動と企業情報、地理的範囲、対象顧客、および予算を含む一般的な暗号プロジェクト情報
  • 最低認可資本要件を満たしていることの証明
  • 組織構造、株主情報および関連する影響、さらに業務運営の従業員やオフィスの詳細に関する情報
  • 上級管理職の情報

クリプトバレー協会からのニュース

2023年、有名なスイス全国のブロックチェーンエコシステムは、ロンドン、シンガポール、シリコンバレー、ニューヨークなどの他のグローバルなブロックチェーンイノベーションの中心地とのつながりにより、世界的な規模での成長、協力、および誠実さを促進し続けています。あらゆる国の個人、中小企業、大手企業が協会に参加し、貴重なつながりを築き、知識を得ることを歓迎しています。

現在、暗号通貨業界は新たな課題に直面しており、したがって成長、暗号市場の統合、規制の明確さ、および持続可能性に関する疑問が浮上しています。学習曲線を加速させるために、クリプトバレーはすべての暗号起業家に、2023年5月9日および10日にロンドンで開催されるFinancial Times主催のグローバルクリプト・デジタルアセットサミットに参加するよう奨励しています。このイベントは、市場、規制、技術、Web 3.0に焦点を当て、暗号、金融、規制、DeFiのリーダーが参加することが期待されています。参加者は暗号市場の統合、NFT、デジタル資産の気候の資質、中央銀行デジタル通貨などのトピックについて深く掘り下げる機会があります。

さらなる規制の明確さを得たり、将来を定義するような会話に参加したりする興味がある場合は、2023年クリプトバレーコンファレンスに参加することが必須です。このイベントは2023年6月1日および2日にスイスのロートクロイツで開催されます。経済、金融、規制の文脈で技術のトピックをカバーする40人以上のスピーカーが登壇することで、ブロックチェーンの未来の基盤を築くことを約束します。スタートアップ、政府、成熟した企業、学術界から1000人以上の参加者がトップリサーチペーパーを発表します。一部のブロックチェーン企業は、最新の製品やサービスを紹介する機会が与えられます。

 

スイスにおける暗号通貨の課税

2023年、最低法人所得税率は、有名なクリプトバレー協会が本拠地とするツーク州で11.9%、ニトヴァルデン州で12%、ルツェルン州で12.2%の税率が維持されています。純財産税を支払う際、各州が地域の税率を設定しており、かなり異なるため、各州のウェブサイトで確認できます。州税の徴収ルールも異なり、税の責任基準(例:配偶者の状況)が異なります。

多くの暗号関連の税金ルールはほぼ変わらずに残っていますが、スイスは経済協力開発機構(OECD)の加盟国であり、最近のOECDの政策を国内法に移行する可能性があることに注意する価値があります。OECDは、新しい国際的な税の透明性システム、暗号資産報告フレームワーク(CARF)を導入しました。これにより、税に関連する情報と納税者情報の自動報告と国際的な当局間での情報共有が強制され、暗号通貨取引所や暗号通貨の送金(小売支払取引を含む)に適用されます。これらのルールは、支払手段や投資として使用されていない暗号通貨や中央集権型ステーブルコインには適用されません。

規制上の罰則

2023年における暗号資産や暗号市場に関連する規制の違反に対する罰則の原則は、変わらずに維持されています。たとえば、義務的なライセンスなしに暗号関連の経済活動を行うことは、刑事行為と見なされ、刑事司法当局によって起訴されます。

公開すべき完全で真実な株式公開(IPO)のための説明書を公開しない場合、FINMAによって起訴されることはありませんが、刑法の対象となり、投資家に対する提供者の民事責任を引き起こします。

規制要件が満たされない場合、FINMAはスイス連邦金融市場監督機構に関する連邦法に規定されているように、さまざまな制裁を課すことができます。

制裁措置には次のものが含まれます:

  • 捜査官の任命
  • 暗号通貨ライセンスまたは認可の取り消し
  • 関連する職業の実践禁止
  • 違法な利益の没収
  • 法令との整合性の回復の義務

また、Regulated United Europeの弁護士は、暗号プロジェクトの法的サポートを提供し、MICA規制への適応を支援します。

Adelina

“私たちのチームはスイスの暗号通貨の革新を細心の注意を払って追跡しており、ライセンススペシャリストとして、この進化し続ける法的状況の最新の動向を共有できることを嬉しく思います。”

Adelina Sahhova

ライセンスサービスマネージャー

email2[email protected]

よくある質問

仮想通貨を上場したい場合、スイスで運営するにはFINMAライセンスが必要です。 政府は仮想通貨取引所に100万スイスフランまで入金すればライセンスを免除できるが、取引所がFINMAの監督下にある場合、顧客の資金は保護されない。 ICO はスイスの仮想通貨法にも該当します。2018 年に FINMA は、銀行業務、証券取引、集団投資スキームなどのさまざまな分野での提案に関するガイドラインを発行しました。

スイス政府は、規制枠組みの一環として、仮想通貨に優しい規則の策定に引き続き取り組むと発表した。 有名な世界的な暗号通貨センターであるツークは、2016年に市会費の支払い方法としてビットコインを導入し、スイスのヨハン・シュナイダー・アマン経済大臣は2018年1月にスイスを「暗号国家」であると宣言した。 ヨルグ・ガッサー氏は、既存の金融基準を尊重しながら仮想通貨を促進することの重要性を強調した。 スイス金融は、これらの目標に基づいてイノベーションを抑制することなくブロックチェーン技術を活用できるようにするため、2020年末に新しい仮想通貨ルールに関する協議を開始した。

スイスに会社を設立するには、次の手順に従います。

  • EasyGov を通じて会社名を登録すると、自動的にスイスのビジネスおよび企業登録簿に登録され、固有の企業識別番号 (UID) が割り当てられます。
  •  ビジネス名の中央インデックスを使用して、その名前が他の人によってまだ登録されていないことを確認できます。
  • スイスの銀行から必要な最低限の株式資本を入手し、そこに口座を開設します
  • 資本金が1,000,000スイスフラン(約983,000ユーロ)を超える場合には印紙税が課せられ、会社登録後30日以内に支払う必要があります。
  • スイス銀行協会が発行した、ブロックチェーン企業の銀行口座開設方法に関するガイドラインはこちらです
  • 元の株式移転の証拠を提示したら、憲章やその他の会社文書を検証する公証人を見つけます。
  • 年間売上高が100,000スイスフラン(約98,000ユーロ)を超える企業には、本社がある州の商業登記簿が必要です。
  • 料金は約 590 ユーロ (600 スイス フラン) です。
  • 公証書類をオンラインまたは郵送で提出するための専用ウェブサイトが利用可能
  • FINMA暗号ライセンス申請
  • 連邦税務局と州税務当局は登録する必要があります
  • 連邦社会保険局および州補償局(Ausgleichskasse)への従業員登録
  • 商業保険に加入する

申請が商業登記所で処理されると、スイス商業官報に新会社の情報が掲載されます。 暗号化ライセンスが付与されれば、スイスで暗号化活動を開始できます。 会社がトップマネジメントを変更した場合、さまざまな技術的な変更を行った場合、または重要な文書を更新した場合には、業務再開の許可を得るためにFINMAに通知することが重要です。

スイスでは、州、市、地方自治体が税金の徴収と管理を担当しています。 各州は公式ウェブサイトで、連邦政府が設定する年間税率を公表しています。
連邦税、州税、および地方税は通常、スイスで暗号化活動に従事する企業に適用されます。

  • 12% ~ 21% の法人税 (CIT) がかかります
  • キャピタルゲイン税 (WCL) はキャピタルゲインに対して 0.001% ~ 0.5% です。
  • 付加価値税 (VAT) – 7.7%
  • 総売上高から源泉徴収される税金 (GSP) – 35%;
  • 社会保障への拠出金は0.5から5.3パーセントの間です
  • 切手に対する税金 – 1%

2023 年にも関連する暗号関連の規制がまだ数多くあります。

  • AML 法、AML 条例、および FINMA マネーロンダリング防止条例。マネーロンダリング防止に関する金融仲介者の義務を定めています。
  • 資産担保トークンを含むすべての証券の公募は、金融サービス法および金融機関法の適用を受ける
  • トークン発行者は預金を管理する銀行法に従う
  • 集団投資を目的として投資家によって調達されたトークンは、集団投資スキーム法の対象となります
  • スイス国立銀行によるDLT取引施設、証券中央保管所、決済システムの監督は金融市場インフラ法に基づいています。

スイスは 2023 年も引き続き次の種類のライセンスを付与します。

  • 暗号通貨ビジネスは、金融仲介ライセンス(フィンテック)により最大1億の公的預金を受け入れることができます。 暗号資産はスイスフラン(約9,600万ユーロ)と交換したり、保管および取引したりできます
  • 預金者が無制限に預金できる機関
  • ファンドマネージャーが顧客に代わって運用を行う投資ファンド
  • トレーダーはDLT取引機能を通じてDLT証券を多角的に取引できます

  • 事業内容、会社情報、対象顧客、予算など、提案する仮想通貨プロジェクトに関する情報
  • 最低資本要件を満たす必要がある
  • 組織構造、株主情報およびそれに伴う影響力、従業員の詳細および営業拠点
  • 経営陣の情報

2023 年に暗号資産と暗号市場に関連する規制が変更されるにもかかわらず、罰則を課す原則は変わりません。 たとえば、刑事検察当局は強制的なライセンスなしに仮想通貨関連の経済活動を起訴します。 新規株式公開の場合、FINMA は問題を起訴しません。 ただし、目論見書が不完全、真実、正確でない場合、発行者または投資家に対する民事訴訟が引き起こされます。 スイス金融市場監督局の連邦法に従い、FINMA は規制要件が満たされていない場合、さまざまな制裁を課すことができます。


RUEカスタマーサポートチーム

Milana
Milana

「こんにちは。プロジェクトを始めようとしている場合、またはまだ懸念がある場合は、包括的なサポートが必要なため、私に連絡してください。 私に連絡して、あなたのビジネスベンチャーを始めましょう。」

Sheyla

"「こんにちは、私はシェイラです。ヨーロッパやその他の地域でのあなたのビジネスベンチャーをお手伝いする準備ができています。 国際市場であっても、海外での機会を模索していても、私は指導とサポートを提供します。 自由に連絡してください!"

Sheyla
Diana
Diana

“こんにちは、私の名前はダイアナです。私はクライアントのさまざまな質問をサポートすることを専門としています。 ご連絡いただければ、ご要望に応じて効率的なサポートを提供させていただきます。”

Polina

“こんにちは、私の名前はポリーナです。 選択した管轄区域でプロジェクトを開始するために必要な情報を喜んで提供させていただきます。詳細については、私に連絡してください。”

Polina

お問い合わせ

現在、当社の主力サービスはFinTechプロジェクト向けの法務・コンプライアンスソリューションです。 当社のオフィスはビリニュス、プラハ、ワルシャワにあります。 法務チームは、法的分析、プロジェクトの構築、法的規制を支援できます。

Company in Lithuania UAB

登録番号: 304377400
安野: 30.08.2016
電話: +370 661 75988
メール: [email protected]
住所: Lvovo g. 25 – 702, 7th floor, Vilnius,
09320, Lithuania

Company in Poland Sp. z o.o

登録番号: 38421992700000
日付: 28.08.2019
電話: +48 50 633 5087
メール: [email protected]
住所: Twarda 18, 15th floor, Warsaw, 00-824, Poland

Regulated United Europe OÜ

登録番号: 14153440–
日付: 16.11.2016
電話: +372 56 966 260
メール:  [email protected]
住所: Laeva 2, Tallinn, 10111, Estonia 

Company in Czech Republic s.r.o.

登録番号: 08620563
日付: 21.10.2019
電話: +420 775 524 175
メール:  [email protected]
住所: Na Perštýně 342/1, Staré Město, 110 00 Prague

リクエストを残してください