ポーランドの銀行ライセンス

ポーランドの銀行法では、「銀行ライセンス」という用語は使用されていません。 したがって、ポーランドの文脈では、これは一種の理論構造であり、ポーランド共和国の領土内で銀行活動を行う権利として広く定義できます。 条項に定義されているとおり。 2 銀行法 – 銀行は、返還権原のもとに預けられた資金のリスクを伴う銀行取引を許可する法律の規定に基づいて設立された法人です。 引用された条項に記載されている権限は銀行ライセンスを構成し、その範囲を決定します。 銀行法では、二層(二層)の銀行免許の原則が採用されました。 つまり、ポーランド共和国の領土内で銀行業務を開始し運営できるようにするには、ポーランド金融監督庁によって発行された 2 つの別々の認可を取得する必要があります。つまり、銀行を設立し、その後すでに銀行の運営を開始することです。 設立された銀行。

銀行のライセンス要件は、共同体法に直接基づいています。 芸術に従って。 Directives 2013/36/EC (CRD IV) は、信用機関が業務を開始する前に認可を取得することを義務付けています。

芸術に従って。 30a 銀行法、株式会社銀行および協同組合銀行は、ポーランド金融検査の許可を得た後に設立することができます。 この規定によれば、認可は銀行の設立前に取得する必要があり、既存の法人(会社または協同組合)には適用できません。.つまり、法人を銀行に変えることは不可能なのです。. 銀行の設立許可はその創設者に与えられます。株式会社の形態で設立された銀行の場合は設立者は法人および自然人であり、協同組合の場合は自然人(少なくとも 10 人)のみです。 銀行。 株式会社形態の銀行は、創設者が 3 名以上であってはなりませんが、創設者が国庫のみの場合はこの限りではありません。 国内銀行信用機関, 外国銀行, 国内外の保険会社, 国内または外国の 再保険会社 or 国際金融機関.

芸術に従って。 37 銀行法では、ポーランド金融監督庁は、銀行の設立に適用される要件が満たされていない場合、または銀行の活動が法律の規定、顧客の利益または利益に違反する可能性がある場合、銀行設立の許可を拒否します。 銀行に蓄積された資金の安全性を保証しない場合、または設立者の登録事務所または居住地で施行されている法的規制、または他の人物との関係が銀行の効果的な監督を妨げる可能性がある場合。

銀行の設立を認可する決定は、手続きの過程で収集された文書と情報の分析、銀行の設立に関する評価を含む、銀行の設立に適用されるすべての要件を詳細に検証した後、ポーランド金融監督庁によって発行されます。 銀行の事業計画の信頼性と実現可能性、および銀行の憲章草案の条項の正確性と法令の遵守。 銀行設立の許可を取得するための非常に重要な条件は、銀行の創設者の評判と経済的および財務的立場、ならびに設立される銀行の管理者である人物の評判と専門性を評価することです。 ポーランド金融監督局は、銀行設立の認可において、銀行のブランド名、法的住所、創設者の名前(姓)と受け入れ株式数、初期資本の規模、活動の種類を示すものとする。 銀行が認可されているもの。 条件を満たし、

銀行設立の許可は、銀行免許の最初の要素です。 この認可を取得した後、創設者は銀行を設立することができます。法的には、国家司法登録簿に銀行を登録する必要があります。 この瞬間から、銀行は独立した法人となり、権利と義務の主体となることができます。 ただし、信託された資金に対するリスクを伴う銀行業務の実行(ここで冒頭の銀行の定義に戻ります)を含む業務活動を実行する権利がないため、まだ本格的な銀行ではありません。 回収されたタイトルの下で。 この権利を取得するために、第 2 条に従って新たに設立された銀行が設立されます。 36秒 1 銀行法により、事業を開始する許可をポーランド金融監督局に申請する必要があります。 芸術に従って。 36秒 3 銀行法 ポーランド金融監督庁は、銀行が以下のことを確認した上で活動を開始するライセンスを発行します。

  1. 適切に開始のために準備されている
  2. 完全に繰入初期資本
  3. 資金およびその他の貴重品の保管条件が十分であり、銀行業務の範囲および種類を考慮して
  4. 銀行の許可の条件で設定されている他の条件を満たしている

営業を開始する許可は、銀行ライセンスの第二および最後の要素です。銀行ライセンスに関する議論に加えて、ほとんどの現行の協同組合銀行および一部の普通株式会社形式の銀行は、1989年以前に設立されたため、監督機関の同意なしに設立されました。これらの銀行の活動の法的根拠は、銀行法の第178条第1項にあります。

この規定によれば、銀行は、1989年1月31日の法律「銀行に関する」の施行日以前に業務を開始し、ポーランド国立銀行総裁の許可を持たない銀行は、銀行業務を行う権利があります。それが法律の規定に反する限り。したがって、これらの銀行に関しては、それらが銀行業務を行うための適切な許可として理解されるのではなく、引用された法律の規定に基づいてポーランド共和国の領土で銀行業務を行う権利として理解されると述べることが合理的です。銀行ライセンスを持つ(銀行ライセンスを持つ者)のリストは、ポーランド金融検査のウェブサイトで入手できます:www.knf.gov.pl

銀行および銀行に許可されたその他の活動

銀行法第2条に含まれる銀行の定義から明らかなように、銀行の事業は銀行です。返還の任意の題目の下で委託されたリスクのある資金。銀行の活動には、銀行に預けられた現金の損失のリスクが含まれます。これは、これらの資金が銀行によって(投資、借入)預けられ、それらが完全に回復されない(返還されない)可能性があるためです。委託された資金の返還可能性にリスクを負うことは、これらの資金の集め、保管に関連する経費(利息、運営費用)をカバーするためであり、同時に手数料として、およびこれらの資金を要求する個人または組織単位に返還可能に提供するためでもあります。これは、銀行の預金および貸付業務で最も完全に表現されています。

銀行業務には次のものが含まれます:

  • 要求に応じてまたは特定の日付に支払われる現金預金を受け入れ、およびそれらの預金の記録を保持すること
  • 他の銀行口座の管理
  • 貸付の付与
  • 銀行保証の提供および確認、および信用状の開示および確認
  • 銀行証券の発行
  • 現金での銀行支払いの実行
  • 他の法律で銀行のみが提供できる行動の実行

銀行が実施した場合に銀行と認識される取引(第5条(2)):

  • 現金による貸付の提供
  • 小切手および手形取引、および保証された証券取引
  • 支払サービスの提供および電子マネーの発行
  • 時間に関する金融取引
  • 債権、受取権、債権の売買
  • 物事と証券の保管および金庫の提供
  • 外貨の売買
  • 保証の提供および確認
  • 証券の発行に関連する割り当てられた活動の実施
  • 外貨での金銭の転送および決済の仲介

銀行および非銀行活動のその他の権限:

  • 株式および他の法人の株式、投資ファンドの株式、および株式からの権利の受け入れまたは取得
  • 証券発行に関連する義務の引受け
  • 証券の取引
  • 債務者の資産に債権を変換すること
  • 不動産の売買
  • 金融アドバイザリーやアドバイザリーサービス
  • 信託サービスの提供および信頼サービス規定の電子識別ツールの提供
  • その他の金融サービスの提供

協同組合銀行の活動範囲は、協同組合銀行の機能、その協会および関連する銀行に関する法律に定められています:

  • 要求に応じてまたは特定の日付に支払われる現金預金を受け入れ、およびそれらの預金の記録を保持すること、
  • 他の銀行口座の管理、
  • 貸付の付与、
  • 銀行保証の提供および確認、
  • 現金での銀行支払いの実行、
  • 現金での貸付の提供、
  • 別途の法律の意味での消費者ローンおよびクレジットの付与、
  • 小切手および手形取引、
  • 支払サービスの提供および2011年8月19日の支払サービスに関する法律の意味での電子マネーの発行、
  • 債権、受取権、債権の売買、
  • 物事および証券の保管および金庫の提供、
  • 保証の提供および確認、
  • 関連する銀行のためにおよび銀行の利益のために他の銀行業務の実行。

重要な点は、銀行が経済活動の自由を享受しておらず、法律に明示的に銀行がこの活動に従事することを許可している規定に従ってのみ活動を行うことができるということです。言い換えると、銀行は経済活動の自由の基本原則の対象外であり、法律で禁止されていないものは許可されているという原則には従っていません。したがって、銀行は例えば衣料品の取引、輸送サービスの提供、野菜の栽培、または靴の生産などの活動はできません。銀行の活動を制限する理由は、彼らのサービスを専門化し、銀行に蓄積された公共の資金がリスクにさらされる金額を必要最小限に抑える必要があるためです。これにより、これらの資金の安全性が確保されます。銀行の自由な運営の制限は、法律が銀行に対して主要な活動、つまり他の人々から資金を受け取り(および回収)、これらの資金をリスクにさらすという活動について銀行に独占的な能力を与えていることに対応しています。銀行法第5条第4項および5項によれば、銀行業務の対象となる事業活動は、銀行が実施することができるとされている場合を除き、銀行以外の組織単位がこの活動を実施することができます。個々の法令の規定がそれを許可する場合。銀行の資産による銀行(預金および融資)業務の制限は、刑事罰によって固定されました。銀行法第171条第1項によれば、許可なしに、他の自然または法人または法人でない組織単位から資金を集めて、信用を提供する目的で現金での信用または資金のリスクにさらす活動を行う者は、最高10,000ズウォティまでの罰金および最高5年間の懲役の対象となります。銀行法には、無許可(無免許)の実体が銀行業務を行うのを防ぐための規定も含まれています。これらの規定(第170条)によれば、許可なしに銀行業務を行うことは、利子、手数料、またはその他の報酬の請求の基礎にはなりません。その結果、このタイプの報酬を受け取った者は、この場合にはそれを返還しなければなりません。

銀行業務を銀行に限定することは、指定された専門的に訓練されたエンティティによって行われ、これらの活動を実施するためにライセンスを取得し、規則の対象となることが保証されるようにする必要があります。彼らは指定された機関による国の監督の対象となり、彼らが集めた資金は保証されます。銀行と銀行システムの特別な役割は、貯蓄の流れを蓄積し、その結果得られた資金を投資に変換することを含み、強化されなければなりません。

銀行業務

国立銀行

国立銀行は、特定の目標を達成するために、例えば、内閣の政令によって設立される特別なタイプの銀行です。その設立および運営の基本原則は、銀行法の第14-19条で規定されています。国有銀行の設立には、ポーランド金融監督当局の承認は必要ありませんが、その意見のみが必要です。国立銀行の設立に関する内閣の決議は、国立銀行の名称、所在地、対象および活動範囲、国有財産から割り当てられた資金など、国立銀行の憲章的資金などを定義します。これらは国立銀行の所有物に移されます。国立銀行は、国立司法登録に登録されず、また、別個の規則の意味で国営企業、国営組織、または公共財政部門の単位でもありません。憲章は、国立銀行が国立銀行の

業務を効果的に実施する必要があるという点を考慮して、内閣総理大臣による政令によって国立銀行に付与されます。

株式銀行

株式会社形式の銀行は、商業会社法の規定に従って設立され、行動しますが、銀行法または他の銀行の活動を規制する法律の規定によって別の場合があります。

協同組合銀行

協同組合銀行は、銀行法第20条に定義されている銀行です。協同銀行は、協同組合法によって定められていない範囲で協同組合銀行、その支店および子会社に関する法律第2条第1項(UFB)の意味であります。 。第13条第2項によれば、協同組合銀行の設立者は、協同組合法に従って協同組合を設立するために必要な人数のみでなければなりません(つまり、少なくとも10人)。原則として、協同組合銀行は、規定された条件の下で協同銀行に加盟する義務があります。この義務は、初期資本が少なくとも5,000,000ユーロ以上の協同組合銀行には適用されません。これらの銀行は、FSBの規定の対象外であり、Art。5.a、Art.10a-10、Art.11-13、Art.15およびArt.32-37を除く。これらの銀行がCFAFの第16条に基づいて関連付けられていない場合、または法律第22bに規定された保護のメンバーである場合を除きます。 1。UFBSまたは法律第22oの第1項で指定された結合協会。UFBSに従って、協同銀行の創設者が選択した子会社銀行と合併する意向を示した場合、初期資本はズウォティで100万ユーロ未満にすることはできません。原則として、一般的にFSOに従う協同組合銀行は、この法律の範囲内での地理的制限および活動範囲の対象となります。

抵当銀行

株式会社形式の特殊な種類の銀行は、抵当銀行です。そのような銀行の主な目的は、抵当担保ローンを発行し、抵当担保債券または抵当銀行の請求に基づく公共部門債券を発行することです。抵当銀行の活動は、1997年8月29日の抵当債券および抵当銀行に関する法律によって詳細に規定されています。

銀行の設立要件

基本情報

銀行の設立の基本要件は、銀行法第30条第1項に規定されています。この規定に従い、銀行は次の場合に設立されることができます:

  • 計画されている銀行業務の種類および提案された活動の規模に適合する資本(自己資本)
  • 銀行に保管されている価値を適切に保護するための適切な技術装置を備えた敷地、銀行業務の規模および種類を考慮に入れたもの
  • 銀行の慎重かつ安定した管理を保証する創立者
  • 監査役会および銀行の取締役のポジションに就く意向のある人々が、法律で定められた資格を満たしている
  • 創立者によって提出された銀行の業務計画が、少なくとも3年間の期間にわたって銀行に蓄積された資金の安全性を示している

創立者

銀行法第13条第1項によれば、株式会社形式の銀行の創立者は、法人および個人であるが、創立者の数は3人未満であってはならない。この規則は、創立者が国庫である場合には適用されません。国内の銀行、信用組合、外国銀行、国内または外国の保険会社、または国際金融機関(銀行法第13条第3項)。

銀行法第13条第2項によれば、協同組合銀行の創立者は、協同組合法によって定められている協同組合を設立するために必要な人数のみである自然人でなければなりません(つまり、少なくとも10人)。

銀行法第30条第1項第2項によれば、銀行の設立は、創立者が銀行の合理的かつ安定した管理を保証する場合にのみ行われることができます。銀行の取締役会は、銀行の管理に直接責任を負っていますが、銀行の「所有者」(創立者、大株主)も銀行の管理に大きな影響を与えます。これらの人々は、監査役会のメンバーを選出する際に影響を与え、また銀行の株主総会での参加と決定によって、銀行の規模、利益分配、または規約の修正など、銀行にとって主要な問題を決定します。彼らはまた、複雑な状況で適切な流動性や財務力を提供できる銀行の重要な融資施設でもあります。彼らはまた、資本グループのメンバーとして銀行の政策の一般的な方向性を定義し、その後取締役会によって実施されます。これらの理由から、法律は銀行の創立者が銀行の健全かつ安定した管理を保証することを義務付けています。創立者による保証の提供は、法律の順守、評判、経済的および財務的状況、および設立される銀行による安全なビジネスの開始および運営の文脈での投資機会に関連するなど、他の要因とともに評価されます。銀行の設立者が保証要件に適合しているかどうかを評価する際、PFSAは、特に銀行またはその合理的かつ安定した管理に関連する生産に関連する義務を考慮に入れます。

承認された資本

銀行法第32条第1項によれば、銀行の創立者が支払う初期資本は、設立される銀行の設立を認可された日に有効なポーランド国立銀行が宣言した平均為替レートに換算されたユーロの5百万相当以下であってはなりません。銀行の初期資本は、現金で支払われ、創立者が銀行の初期資本に寄与するための口座を開設した地元の銀行へのポーランド通貨で支払われなければならず、株式会社および協同組合銀行の銀行の初期

資本の完全な額は、関連する登録簿に登録される前に支払われなければなりません(銀行法第32条第3項および第4項)。銀行法第30条第5項によれば、銀行の初期資本は、ローンまたはクレジットまたは文書化されていないソースから得ることはできません。

銀行法第30条第2項および第4項によれば、初期資本の一部は、銀行業務の実施に直接役立つ装備や不動産などの形で非現金の貢献(寄付)として支払うことができますが、現金の初期資本は、銀行法第32条第1項で規定された金額以下でなければなりません。非現金の寄付の価値は、初期資本の15%を超えてはなりません(銀行法第30条第2項)、特別な場合にはSFSAがこの制限を超えることに同意することができます。

協同組合銀行の場合、創立者が選択した子会社銀行と合併する意向を示した場合、初期資本はユーロからズウォティへの相当額以下であってはなりません。

銀行の自己資本

初期資本要件は、設立時に銀行の自己資本の最低必要量であり、この時点での自己資本は初期資本だけで構成されます。ただし、この最低限度は、銀行業務である銀行の活動に伴うリスク、すなわち銀行業務を保証するために不十分です。銀行法第30条第1項第1項のa)に従えば、自己資本が十分であるという要件は、銀行が自己資本を確保している場合にのみ銀行を設立することができます。その量は、銀行業務の種類および提案された活動の規模に対応する必要があります。自己資本の充足性の要件は、銀行法第128条で具体的に定められています。この条項の第1項によれば、銀行は、銀行業務のすべての特徴である銀行の運用の中での予想されるリスク(国内資本)を考慮に入れて、銀行業務および経済環境の変化をカバーするための見積もり額を維持する義務があります。

  • Regulation 575/2013の自己資本要件を満たすための要件の達成から生じる価値。
  • 銀行業務のリスクおよび経済環境の変化をカバーするために銀行が特定したすべての重要なリスクをカバーするために、銀行が設定した額で、リスクのレベル(国内資本)を考慮に入れる。

ポジションに任命された人物

銀行法第30条第1項第2項によれば、銀行の監査役会および銀行取締役のポジションに就く意向のある人々が、銀行法第22aa条で定められた要件を満たしている場合にのみ、銀行を設立することができます。これには、これらの人々が彼らの職務と責任に適した知識、スキル、および経験を持っていることを確保することが含まれます。保証は、将来の特定の条件の存在についての不可撤回的な疑いの欠如、すなわち、何かの保証を意味します。これは、監査役会および銀行取締役のメンバーとして任命された人々が、自分たちの職務を適切に、すなわち、公正かつ合法的に、法の規定に違反することなく、また、適切に、合理的で、安定して、集められた資金にとって安全な銀行の管理に適切に遂行されることに疑念がないことを意味します。そのような疑念が生じ、解決できない場合、その人物は保証を与えないと見なすべきです。適切で慎重かつ安定した銀行管理とは、銀行管理の枠組み内で行われる行動が、現行の規制に適合するだけでなく、合理的で、適切な注意

を払ってリスクを取らずに行われ、その行動の結果がそのスケールに比例し、経済状況や銀行の財務面に突然の変化をもたらさず、銀行を信頼できる機関としてのイメージに影響を与えず、集められた資金の安全性に十分な注意を払うということを意味します。職務を適切に遂行する保証は、特定の職務の遂行に適した専門的資格(知識、スキル、経験)とは別個の要件であり、主にその人物の評判とその個人または職業生活での行動に基づくべきです。さらに、銀行法第22aの指定された銀行取締役のポジションを保持することが規定されている人々(すなわち、取締役会の議長および銀行の業務に関連するリスク管理を監督する取締役)は、ポーランド語の知識を確認しました。銀行法第30条第1項によれば、PFSAは、銀行の創立者の要求に応じて、プルーデンシャル監督の理由でそれが必要でない場合には、ポーランド語の知識の確認要件を免除します。銀行の設立に関する許可について、PFSAは銀行の最初の取締役会の構成を承認します。

銀行業務計画の要件

銀行法第30条第1項第4項によれば、銀行の設立は、創立者によって提出された銀行の業務計画が少なくとも3年間の期間にわたって銀行に蓄積された資金の安全性を示している場合にのみ行われることができます。計画は、銀行が提供する顧客へのサービスだけでなく、将来の銀行の組織や補助的な活動(たとえば、マーケティング)の組織についてもカバーする必要があります。ビジネスプランは、現実的で信頼性のある前提に基づいており、特に財務の前提はビジネスと組織の前提を反映し、計画された支出を含む必要があります。

銀行業務の場所

第30条第1項第1項b)に基づいて

銀行の設立は、銀行が適切な技術機器を備えた施設を備えている場合に行われることがあります。これらの施設は、銀行の規模と種類を考慮して、銀行に保管されている資産を適切に保護します。これには、特に、銀行の本店および組織単位(支店、支店、事務所、出納係など)の施設、金庫、レジ、運用室などが含まれます。

銀行を設立するための許可を取得する申請

一般的要件

銀行法第30a条に従えば、株式会社と協同組合銀行として登録された銀行は、ポーランド金融検査から許可を取得した後に設立されることができます。銀行法第31条第1項に従えば、銀行を設立する許可のためのポーランド金融監督機構への申請には、次の内容が含まれる必要があります:

  1. 銀行の名称と所在地の識別。
  2. 銀行が行う取引の仕様、および提案される活動の主題と量に関する情報。
  3. 次のデータ:
  • 銀行の役員と監査役会のメンバーになる意向のある人物のデータ。
  1. 設立資本。

銀行法第31条第2項によれば、次の書類が申請に添付されるべきです:

  1. 銀行規則の草案。
  2. 銀行の活動計画と少なくとも3年間の財務計画。
  3. 創業者および彼らの財政状況に関する文書、およびそれらに関する彼らの声明(銀行法第31a条によれば、これらの申請は刑事責任の制裁の下で行われます。申請者は次の段落を含める義務があります:「偽証に対する刑事責任を認識しています」。この段落は、偽証に対する刑事責任の指定を権限によって置き換えます)。
  4. 創業者が外国銀行の場合、居住国の適格な監督当局の意見書。

銀行法第31条第4項によれば、10人以上の創業者が銀行を設立する許可を申請する場合、許可が発行される前の期間中にポーランド金融検査に代表する1-3人の委任者を任命する必要があります。銀行を作成します。委任状は公証行為の形で発行されるべきです。

銀行法第31b項第3項に基づいて、財政機関に対する責任を負う責任者は、創業者およびその財政状況に関する文書のリストを定めるために、省令によって権限を与えられています。このリストは、2017年3月10日付けの開発および財政省の省令に含まれています。ポーランド金融検査に提出される銀行の創業者および取締役の情報と文書に関するもの(2017年3月30日付けの法律紙)。この規制の10番目によれば、検討対象となっている基本文書は次のとおりです:

  1. 創業者の身元証明書の公証された写し。この中には、少なくとも名前、姓、住所、生年月日、出生地、画像が含まれます。-自然人の場合、または国立司法登録からの最新の抄出書または国立登録に登録された情報の最新のコンピュータープリントアウトで、裁判所または他の適切な登録所が独立してアップロードしたもので、銀行を設立する許可の申請日より3ヶ月前までに発行されたもので、少なくとも、名前、法定住所、代表者名、代表ルール、および組織法的形式:法人または法人ではない組織単位の場合は、関連する他の適切な登録に関連する規定に従って、前述の文中に記載されているすべての情報が抄出書に含まれていない場合、この情報は宣言形式で提供する必要があります。
  2. 設立者の活動の主題を確認する規約、規約、または他の文書の公証された写し、彼が経済活動に従事している場合、または経済活動に従事していないことを示す声明;
  1. 創業者が属するグループのグラフィック組織図、その子会社、および組織が金融コングロマリットの一部を形成する信用機関、保険機関、再保険会社、および投資会社に対する追加監督に関する2005年4月15日の法律の3条第14項の意味での資本に対する重要な持分を含む、および金融市場監督機関によって監督される団体とのリンクのタイプと範囲を含む、グループに属するエンティティの名前と所在地、それらの活動の対象、およびグループに属するエンティティとの関係のタイプと範囲の名前、また、監督機関の指定が含まれます;
  2. 法人または法人でない組織単位のメンバーの身元を確認する公証された文書の写し。名前、姓、生年月日、画像を含む最低限の情報、-創業者が法人または法人でない組織単位である場合;
  3. 創業者の履歴書-自然人の場合、履歴書のある人物の生物学的データ、彼らの教育、資格、および職業経験を確認する文書;
  4. 創業者および第4項に記載されている各人物に関する情報:
  • 自然人に対して-私的追及によって起訴された犯罪行為または財務犯罪のない司法登録の国立登録からのレポート、および10年前に申請日の期間内に候補者が居住していた国の関連機関から発行されたもの;
  • 法人または法人でない組織単位に対する意図的な犯罪または財務犯罪のための法令の下での責任を確立する命令の欠如に関する国立犯罪事件の国立登録からのレポート、申請日より3ヶ月前までに発行;
  • 行政および規律上の訴訟の申し立て;
  • ビジネスケース、清算手続、破産、再編、または再編手続の終了を証明する証明書、およびその人物が総会で10%以上の投票権を持っているか、または認定資本の合計数の10%以上を持っているエンティティに関連する清算、破産、再編、または再編手続に関する情報、またはその人物が親組織である場合;
  1. アプリケーションが第30条第1項第1項bおよび第25条hの基準に照らして創業者を評価するのに影響を与える可能性のあるアプリケーション:
  2. 次の4項に記載されている各人物の創業者:
  • 私的追及による意図的な犯罪行為-私的追及の対象となる犯罪または犯罪税の申し立てのある場合を除き、または罰金またはその他の行政処分が課された人物に対する規律上の申し立て;
  • 経済的な場合に対する法的手続き、その他の清算、破産、または再編の申し立て、およびその人物が総会で10%以上の投票権を持っているか、または認定資本の合計数の10%以上を持っているエンティティに関連する清算、破産、再編、または再編手続に関する情報、またはその人物が支配的な人物である場合;
  1. 創業者:
  • 創業者に関する適格な監督機関による監督措置は、銀行を設立する許可の申請を提出する前の5年間に行われました。その活動に不正行為があれば、創業者が所在する国の適格な監督機関によって監督されるまたは監督されていた活動、またはそのような活動を実施していないことを示す声明、
  • 創業者が総会で10%以上の投票権を持っているか、または認定資本の合計数の10%以上を持っている法人、または創業者がまたは親であった法人に対して、銀行を設立する許可の申請を提出する前の5年間に適格な監督機関が行った監督措置、その活動の違反のためのもの、もしもその人物が所在する国の適格な監督機関によって監督されていたか、または監督されていた場合、または創業者がそのような株式を持っていなかったこと、またはそのような支配的な人物ではなかったことを示す声明、
  • 自然人である創業者または創業者の経営機関のメンバーに対する5年前の適格な監督機関による監督措置、その他のエンティティの活動の侵害に関連して、創業者、自然人、または創業者の経営機関のメンバーが当時監督措置を行った監督機関、または監督機関がいなかった場合、またはそのような主体の経営機関のメンバーではなかった場合、適格な監督機関によって監督される主体、
  • 銀行法第30条第1b項で指定された義務、
  • 金融市場での活動または機能に関連して、継続中または計画中の活動または機能に関連して許可または同意を受け取るか、または撤回することを拒否した場合、理由を示す、
  • 雇用の終了に関するケース、すべての形式で、雇用主または金融市場で運営する機関の信託による要求、理由を示す、
  • 欧州連合加盟国の適格な監督機関による過去5年間の申請や株式または株式の購入または引受または信用機関の責任者になる意向の通知に関する手続き、手続きを行った機関の指定、手続きの開始および終了の日付、意向の持ち主の名前、および製品の結果を示す、
  1. 創業者の財務諸表は、銀行を設立する許可の申請を提出する日から前3年間、または活動期間全体にわたって、財務諸表の監査を行う権限を持つ者によって監査される必要があります。創業者が3年未満の期間に事業活動を行った場合、その責任を負う義務が別の法的規定から生じている場合、財務諸表の監査およびこの財務年度の会計諸表の作成およびその監査が行われる前の期間に申請が行われた場合、創業者は予備的な財務諸表を提出する必要があります。そのない場合は、申請日に有効なその財務状況を確認する他の文書、
  2. 銀行口座の現金フローに関する情報は、銀行からの確認されたものであり、銀行を設立する許可の申請を提出する年の前の期間についてです、
  3. 最後の3年間に提出された、所得税の規定に従って提出された納税申告書の写し-財務諸表を作成する義務がない自然人の創業者の場合、
  4. 債務の支払いの遅延の証明書または創業者の負債の状況を示す証明書および社会的貢献の支払いの遅延の証明書、
  5. 創業者およびその子会社の格付けと、それらの3年前の格付けの情報、格付けを割り当てた機関とその重要性を説明し、またはそのような格付けがない場合、
  6. 設立される銀行の株式または株式に関連する権利の数と、総会での彼らの投票権と認定資本を示す証明書、すべての特権または制限または想定される権利の取得と関連付けられた権利または地位を含めて、これらの権限を、
  7. 共同活動の場合-契約の説明、適用される法律、および契約の当事者の権利と義務を指定します、
  8. 設立される銀行の初期資本に入金される資金の額および文書化された出所、それらの移転方法とタイミング、および借り入れまたはその他の担保が付いているかどうか、および資金を使用する法的権利、クレジットまたは担保の条件およびクレジットの返済または担保の終了の条件、
  9. 設立者の資産に関する証明書、申請書の提出日から1年以内に実現される資産を示す、要求される価格。

設立者が法人であり、子会社である場合、規定§1の段落3で指定された文書は、設立者の親組織に関する規定§10で指定された範囲の文書も含まれます(規定11)。宣言は公証人の署名で認証されていなければなりません(規定12)。外国語の文書には、公証人または弁護士または法律顧問である当事者の代表によってその対応が公証された翻訳文が添付されている必要があります(規定13)。外国の公式文書は、翻訳される前にポーランド共和国の領事によって正式に認証されなければなりません。国際条約によってポーランド共和国が別の方法を提供している場合、認証の義務は適用されません(規則14)。文書が基づく事実または知識のレベルが許可手続き中に変更された場合、新しい文書がすぐに提出されなければならず、その際には別途要求することなく、事実と知識の現在の状態に従っています(規則15)。元の文書のコピーは、その対応が公証人または当事者の代表によって認証された場合に提供できます(規定16)。

設立規約の草案

銀行法第31条第3項によると、申請書に添付される草案規約は、以下の点を特に指定する必要があります:

  1. 銀行と明確に異なる別の単語「銀行」を含むべき企業、および他の銀行の名前と異なることを示し、それが国営銀行、株式銀行、または協同組合銀行であるかどうかを示す必要があります;
  2. 銀行の所在地、活動の対象および範囲、および銀行が、2005年7月29日の金融商品取引に関する法律の69条2項1-7号に定められた活動を、同法70条2項に基づいて実施する意向を示す必要があります;
  3. 機関とその権限、特に銀行法第22b条1項で指定された銀行の権限、および資産権利および義務について報告するルール、内部規則を発行する方法、および負債または資産の処分に関する決定を行う手順、1人当たりの合計費用が自己資本の5%を超える場合;
  4. 経営システムの原則、内部統制システムを含む;
  5. 内部資金および財務管理の原則。

事業プログラムと財務計画

以下は、少なくとも3年間の銀行のプログラムと財務計画の構造の例です。

  1. 概要
  2. 著者
  3. 提案された開発方向
  4. 予測される費用
  5. 計画された結果
  6. 銀行の一般的な特性
  7. 事業
  8. 本店
  9. 目的および範囲
  10. 創業者と初期資本
  11. 機関

III. 戦略分析(SWOT)

  1. 強み
  2. 弱点
  3. オポチュニティ
  4. 脅威
  5. 銀行の戦略の一般的な規定
  6. ミッション
  7. ビジョン
  8. 戦略的目標
  9. マーケティング計画
  10. 製品とサービス
  11. 受取人/顧客
  12. 競合他社
  13. 価格(利子、マージン、手数料、手数料)
  14. 配布
  15. 特別オファー
  16. 運用計画
  17. 技術、特にITサポート
  18. 投資コスト
  19. 投資資金の源泉
  20. 数量的能力-顧客にサービスを提供し、サービスを提供する能力
  21. サービス量計画
  22. 運用活動の資金調達源
  23. 銀行の健全性および監督要件の遵守

VII. 組織および管理計画

  1. 組織構造
  2. 国有化
  3. 管理情報システム
  4. 管理手法

VIII. 雇用および賃金計画

  1. 仕事
  2. 賃金
  3. スタッフの前提条件と人事方針
  4. 主な目標のスケジュール
  5. 財務計画
  6. 収入計画
  7. 費用計画
  8. 損益計画
  9. 資本計画
  10. 資本需要計画
  11. 事業資金計画
  12. キャッシュフロー計画
  13. バランス計画
  14. 財務評価、財務計画レポートに基づく評価と比率の評価を含む

印紙税

申請には、承認された資本金(株式会社形式の銀行の場合)または株式基金(協同組合銀行の場合)の0.1%に相当する金額の印紙税の支払いを証明するものを添付する必要があります。

銀行の設立許可の取得手続き

銀行法第33条第1項に基づき、ポーランド金融監督当局:

1) 創業者に、記事31に規定されている要件を満たさない声明を補完するよう要請し、銀行の設立についての許可の決定に必要な情報、特に創業者や銀行の役員に代わる人物に関する追加のデータや文書を要求する場合があります。その財産および婚姻状況に関する情報が銀行の設立の許可に関する決定のために必要である場合;

2) 申請を受領した日から3か月以内に、申請を受領した日から3か月以内に、銀行の設立に関する許可を発行します。

  1. 正当な理由がある場合は、ポーランド金融監督当局は、期限が満了する前に創業者に通知し、申請またはその付属書を受領した日から3か月の期間を延長することがあります。

創業者による保証の提供は、銀行の設立をめぐる立法、評判、経済的および財務的状況、および銀行の安全な事業を開始および運営するための投資機会との一致の観点から評価されます。銀行法第30条第1項bに基づき、銀行の設立の許可を発行する手続きにおいて創業者の関連する要件の一致を評価する際、ポーランド金融監督当局は、銀行法第25条第1項の規定および創業者の銀行に対する義務に関して、創業者の評価に鑑みます。またはその合理的かつ安定した管理。

銀行の許可

銀行の設立を許可する決定は、行政手続きに関する規定が適用される行政手続きの結果、ポーランド金融監督当局によって発行されます。この手続きでは、ポーランド金融監督当局は、収集された文書と情報に基づいて、その場合に銀行の設立の許可を拒否する根拠があるかどうかを判断し評価します。銀行法第37条に基づき、ポーランド金融監督当局は、銀行の設立に関する要件が満たされていないか、銀行の申し立てた活動が法律、顧客の利益、または銀行に預けられた資金の安全を侵害するか、または創業者の所在地または居住地で有効な法律の規定、またはその他の人物との接続が銀行の効果的な監視を不可能にする可能性がある場合、銀行の設立を許可しません。上記の条件の少なくとも1つが存在する場合、ポーランド金融監督当局は、銀行の設立を許可することを拒否する義務があります。免除は、拒否の理由を詳細に説明した書面によって形式化されます。

銀行許可の発行のための拒否の上記の根拠が満たされない場合、ポーランド金融監督当局は、そのような許可を発行する義務があります-また、書面による行政手続きの決定-その発行のために。銀行法第34条第1項に基づき、銀行の設立の許可の際、ポーランド金融監督当局は、次のことを特定します:銀行の会社、その法定住所、創業者の名前、および彼らが受け入れる株式、初期資本の額、銀行が許可されている活動。およびポーランド金融監督当局が銀行の運営を許可し、銀行の設立の承認を行い、銀行の最初の取締役会の構成を承認した条件。許可を取得した後、銀行の創業者は、銀行を設立(協同組合を設立し、株式会社を設立)し、国立司法登記所に登録することができます。その後、銀行は、銀行の許可を発行してから1年以内に事業を開始する準備を行います。そうしない場合、許可は失効します。

当社は、ポーランドでの銀行ライセンス取得に関するお手伝いを致します。お問い合わせいただければ、当社の弁護士がご興味のある質問に関してご相談させていただきます。

Milana

“ポーランドで銀行を開設することは外国人にとって難しい場合がありますが、私たちのチームが包括的なサポートを提供できることを嬉しく思います。 今すぐご連絡ください。”

Milana

ライセンスサービスマネージャー

phone1+370 661 75988
email2[email protected]

RUEカスタマーサポートチーム

Milana
Milana

「こんにちは。プロジェクトを始めようとしている場合、またはまだ懸念がある場合は、包括的なサポートが必要なため、私に連絡してください。 私に連絡して、あなたのビジネスベンチャーを始めましょう。」

Sheyla

"「こんにちは、私はシェイラです。ヨーロッパやその他の地域でのあなたのビジネスベンチャーをお手伝いする準備ができています。 国際市場であっても、海外での機会を模索していても、私は指導とサポートを提供します。 自由に連絡してください!"

Sheyla
Diana
Diana

“こんにちは、私の名前はダイアナです。私はクライアントのさまざまな質問をサポートすることを専門としています。 ご連絡いただければ、ご要望に応じて効率的なサポートを提供させていただきます。”

Polina

“こんにちは、私の名前はポリーナです。 選択した管轄区域でプロジェクトを開始するために必要な情報を喜んで提供させていただきます。詳細については、私に連絡してください。”

Polina

お問い合わせ

現在、当社の主力サービスはFinTechプロジェクト向けの法務・コンプライアンスソリューションです。 当社のオフィスはビリニュス、プラハ、ワルシャワにあります。 法務チームは、法的分析、プロジェクトの構築、法的規制を支援できます。

Company in Lithuania UAB

登録番号: 304377400
安野: 30.08.2016
電話: +370 661 75988
メール: [email protected]
住所: Lvovo g. 25 – 702, 7th floor, Vilnius,
09320, Lithuania

Company in Poland Sp. z o.o

登録番号: 38421992700000
日付: 28.08.2019
電話: +48 50 633 5087
メール: [email protected]
住所: Twarda 18, 15th floor, Warsaw, 00-824, Poland

Regulated United Europe OÜ

登録番号: 14153440–
日付: 16.11.2016
電話: +372 56 966 260
メール:  [email protected]
住所: Laeva 2, Tallinn, 10111, Estonia 

Company in Czech Republic s.r.o.

登録番号: 08620563
日付: 21.10.2019
電話: +420 775 524 175
メール:  [email protected]
住所: Na Perštýně 342/1, Staré Město, 110 00 Prague

リクエストを残してください