リトアニアのMLROサービス

リトアニアの暗号通貨セクターで事業を展開する組織の企業統治構造において、マネーロンダリング対策コンプライアンス担当者(MLRO)は重要な役割を果たしています。彼は、包括的なマネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与防止(CTF)プログラムの効果的な実施と維持に責任を負います。

この役割には、潜在的なマネーロンダリングリスクの評価と最小化を積極的に管理し、違法行為を防止するためにビジネスプロセスを強化する戦略を開発・実施することが含まれます。MLROは、関連するすべての法的および規制上の要件を厳守し、違法な操作の兆候を監視し、法執行機関および規制当局との連携を行うことが求められます。

さらに、MLROは全てのビジネスユニットに対してコンサルタントとしての役割も果たし、内部統制と手続きを強化するための専門的なアドバイスを提供します。また、上級管理職および監督当局に対して報告書を作成し、企業の透明性と金融犯罪分野での既定の基準および要件への準拠を示します。

マネーロンダリング報告責任者の責任

マネーロンダリング報告責任者(MLRO)としての役割では、マネーロンダリングおよびテロ資金供与と戦うための効果的な方針、手続き、プロセスを開発・維持することが最優先事項です。この役割には以下の責任が含まれます:

  1. 監視と分析: 高度な分析ツールを使用して顧客の取引を継続的に監視・精査し、疑わしい活動を特定します。すべての疑わしい取引を、金融犯罪捜査局やリトアニア銀行などの関連する規制当局および法執行機関に報告することが重要です。
  2. 法令遵守: 法令および規制要件の変更や業界動向に常に注意を払い、企業の実践が最新の要件に準拠していることを確認します。
  3. 内部協力: 内部の関係者と密接に協力し、マネーロンダリング防止に関するアドバイスやトレーニングを提供し、企業内での強力なコンプライアンス文化を育みます。
  4. リスク管理: 顧客登録と高リスクセグメントの効果的な管理に責任を持ち、金融犯罪の脅威に迅速に対応・管理します。
  5. ツールの開発: 金融犯罪リスクを特定・管理する能力を企業に提供するツールの実装を主導します。
  6. 監査のサポート: リトアニア企業内でのAML監査への積極的な参加とサポートを行います。
  7. 報告: 実施されたマネーロンダリング防止措置の結果と効果を示す報告書を上級管理職に準備・提出します。

この複雑な役割には、法的枠組みとベストプラクティスの深い理解だけでなく、リスク管理および組織の内部方針に対する戦略的アプローチも必要です。

リトアニアにおけるMLROサービスの業務割り当て

このポジションは、マネーロンダリング防止(AML)および顧客確認(KYC)の要件とガイドラインに準拠し、法的および規制要件を完全に遵守するために厳格な企業基準とガイドラインを遵守することを求められます。主な業務には次のものが含まれます:

  1. AMLおよびKYCコンプライアンス: 関連する方針および手続きを実施し、継続的に更新することによって、すべてのAMLおよびKYC要件を厳格に遵守します。
  2. 規制コンプライアンス: 金融犯罪、情報セキュリティ、贈収賄防止などの分野での規制要件を遵守するために、内部ガイドラインおよび基準を定期的に見直し・更新します。
  3. 手続きの積極的な更新: ビジネスがマネーロンダリング目的で利用されるのを防ぐために、内部手続きを開発・更新し、これらの方針の効果的な実施を組織の全レベルで監視します。
  4. 方針および手続きの実施: 承認されたマネーロンダリング防止方針、統制および手続きを全社で展開・実施します。
  5. 規制当局との連携: リトアニアの規制当局との主要な連絡先として機能し、情報の正式および非公式な要求に対処します。
  6. 報告: 規制要件の実施状況と結果を反映した定期的なコンプライアンス報告書を企業の経営陣に準備・提出します。
  7. 法改正の監視: 規制ルールと法改正の継続的な研究を行い、新しい情報に迅速に対応します。
  8. 報告: 経営陣の分析および評価のための関連データに関する詳細な報告書を作成します。

リトアニアにおけるMLRO – 一般情報

急速に発展する暗号通貨市場の文脈において、マネーロンダリング報告責任者(MLRO)の役割は特に重要であり、仮想資産に関連するビジネスの持続可能性と成長の基盤を提供します。欧州連合の一員であるリトアニアでは、EU指令および金融活動作業部会(FATF)や欧州評議会のマネーロンダリングおよびテロ資金供与防止評価専門家委員会(MONEYVAL)などの国際機関の勧告に適応し、準拠することに特に注力しています。

リトアニアの暗号ビジネスにおけるMLROの役割の主な側面:

  1. リスク管理: MLROは、暗号通貨取引におけるマネーロンダリングおよびテロ資金供与に関連するリスクを特定、評価、管理する責任を負います。これには、国内および国際要件に準拠した効果的なAML/CFT戦略および方針の開発・実施が含まれます。
  2. 規制コンプライアンス: 関連するすべての法的および規制上の要件を厳守することが、法的リスクおよび制裁から企業を守る基盤です。MLROは、すべての企業運営およびビジネスプロセスが遵守されていることを確認する必要があります。
  3. トレーニングと開発: 企業内でのAMLおよびCFT問題に関する意識と能力を維持することは重要です。MLROは、従業員の潜在的な脅威を認識し防止する能力を高めるために、定期的なトレーニングおよびワークショップを開催します。
  4. 規制当局との連携: MLROは、暗号通貨企業と規制当局との間の主要な連絡先として機能します。これには、必要なすべての報告書および情報の提供、ならびに暗号通貨の規制環境を改善するための議論への参加が含まれます。
  5. 取引の透明性: 暗号通貨業界において匿名性が違法行為を助長する可能性があるため、取引の透明性は過小評価できません。MLROは、すべての取引が追跡および監査可能なほど透明であることを保証します。

結論:

暗号通貨企業のチームに資格のあるAML/CFTスペシャリストを導入することは、要件であるだけでなく、企業内および顧客やパートナー間の信頼とセキュリティを構築するための戦略的な決定です。MLROの指導の下でAML/CFT方針および手続きを効果的に実施することで、リスクを最小限に抑え、暗号ビジネスの長期的な安定性と成功に貢献します。

リトアニアにおけるMLROの主要な責任

マネーロンダリング報告責任者(MLRO)のポジションでは、マネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与防止(CFT)方針および手続きを開発、維持、および継続的に改善することが主要な業務です。主な責任には次のものが含まれます:

  1. 方針および手続きの開発と維持: 適用される法律および規制要件に準拠した内部統制方針、手続き、および対策を確立し、定期的に更新します。これが組織のすべてのAML/CFT活動の基盤を提供します。
  2. トレーニングとコンサルテーション: 企業従業員に対するAML/CFTリスク、方針、および手続きに関するターゲットトレーニングおよびコンサルテーションを組織します。これにより、企業内の意識と能力が向上します。
  3. リスク評価: 顧客確認(CDD)および強化された顧客確認(EDD)プロセスを含む、企業のAML/CFTコンプライアンスプログラムの定期的なリスク評価を実施します。
  4. 監視と調査: 疑わしい取引や活動を追跡および分析し、疑わしい活動が適時に適切な当局に報告されることを保証します。
  5. 規制当局との連携: 規制当局との主要な連絡先として機能し、AML/CFTコンプライアンス問題に関する必要な勧告および報告書を提供します。
  6. 利害関係者との連携: 企業のさまざまなビジネスユニットおよび製品にわたる潜在的なマネーロンダリングリスクを特定・最小化するために、内部部門と協力します。
  7. 取引監視の改善: 異常な活動パターンを検出するために、取引監視ソフトウェアを見直し、最適化します。
  8. 経営陣への報告: AML/CFTコンプライアンスの状況を上級管理職および取締役会に定期的に報告します。
  9. 法改正の監視: AML/CFT法および規制の変更、ならびに業界動向を継続的に監視し、企業のプログラムが最新の要件に準拠していることを確認します。
  10. 外部パートナーの管理: 企業のAML/CFTコンプライアンスプログラムを支援する外部サービス提供者およびパートナーとの関係を監督・管理します。

これらの責任は、AML/CFTリスク管理とコンプライアンスへの包括的なアプローチを形成し、企業を財務および評判のリスクから保護するのに役立ちます。

リトアニアにおけるMLROの業務内容

リトアニアの仮想通貨交換またはウォレット保管サービスを提供する企業における登録されたマネーロンダリング報告責任者(MLRO)のポジションは、包括的なマネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与対策(CFT)プログラムを実施および維持することです。これには、以下の主要な責任が含まれます:

  1. 方針の策定および実施: 仮想資産サービスプロバイダー(VASP)の運営に特化した方針、手続き、リスク評価、および登録を作成、実施、継続的に更新します。
  2. 包括的なトレーニングおよびコンサルタント: 企業の従業員に対してAMLおよびCFTのリスク、方針、手続きに関するトレーニングおよびアドバイスを提供します。
  3. リスク評価: 企業の活動を定期的にリスク評価し、AML/CFTの法令および規制に準拠していることを確認します。
  4. 監視および調査: AML/CFTコンプライアンスプログラムの監視および疑わしい取引の調査を行います。
  5. 規制当局との連携: マネーロンダリング活動に関連する規制当局および法執行機関からの問い合わせに対する主要な連絡先として機能します。
  6. 内部および外部の利害関係者との協力: 内部および外部の利害関係者と効果的に協力し、AML/CFTへの準拠を確保します。
  7. 法令の変更の監視: AML/CFTの法令および規制の変更を継続的に監視し、コンプライアンスへの影響について上級管理職に専門的なアドバイスを提供します。
  8. 外部監査および検査の管理: AML/CFTに関連する外部監査および規制当局の検査を組織し、監督します。

これらの責任には、リトアニアの法律、特にリトアニアのAMTF予防法を深く理解し、リトアニア共和国の金融犯罪捜査局(FCIS)との直接の連絡が必要です。また、法令や規制の変更に迅速に対応し、継続的かつ効果的なコンプライアンスを確保する能力も重要です。

KYC/AMLオフィサーの業務内容

リトアニアの暗号通貨会社におけるKYC/AMLオフィサーとして、主なマネーロンダリング防止(AML)およびテロ資金供与対策(CFT)の責任と手続きは、広範な活動をカバーしています:

  1. AML/CFTプログラムの開発およびサポート: AML/CFTプログラムの開発、実施、および維持を支援し、内部方針、手続き、およびリスク登録の作成を含みます。
  2. 取引の分析および監視: 疑わしい取引やマネーロンダリングやテロ資金供与のリスクが高い取引に関する情報の収集と分析を行います。
  3. 報告書の提出: リトアニア商業登録に登録された会社の経営陣に書面によるコンプライアンス声明を提出することを確保します。
  4. 疑わしい活動の記録および報告: 高リスクの顧客の記録を維持し、疑わしい活動を直ちに当局に報告します。
  5. リスク評価システム: 製品およびサービス、顧客、およびマネーロンダリングに関連する他の側面に対するリスク評価システムを開発および維持します。
  6. 従業員のトレーニング: 企業の従業員に対する継続的なAMLトレーニングプログラムの監視および実施を行います。
  7. 内部方針および手続き: 内部AML方針および手続きの状況について上級管理職に通知および報告します。
  8. 外部監査および検査: 外部組織による監査および検査を組織し、実施し、コンプライアンスの推奨事項を開発します。

疑わしい取引に関するKYC/AML手続き:

  • 新しいクライアントとビジネス関係を確立する際。
  • 15,000ユーロを超える現金支払いを行う場合。
  • 書類やデータの認証に疑念がある場合。
  • マネーロンダリングやテロ資金供与の疑いがある場合。

疑わしい取引報告書(STR/CTR):

  • 疑わしい取引がクライアントによって試みられた場合、直ちにFCISに報告します。
  • 操作を中止し、中止から3営業時間以内にFCISに報告します。
  • 犯罪活動が疑われる場合、1営業日以内にFCISに情報を送信します。

報告書は、必要なFCISの認証を得て、リトアニア語で電子政府ゲートウェイを通じて提出する必要があります。

これらの行動と手続きは、リトアニアおよび国際法に準拠した財務犯罪対策の厳格かつ効果的な戦略を形成します。

主要規定

KYC/AMLコンプライアンスオフィサーは、リトアニアで単一の暗号通貨ライセンスを取得および維持するために必要な法的および規制要件を遵守する暗号通貨会社にとって重要な役割を果たします。この専門家は、以下の主要な機能を担当します:

  1. 統制システムの開発および維持: マネーロンダリングやテロ資金供与に関連する疑わしい取引を検出、監視、および報告するための内部統制システムおよびツールを実施および更新します。
  2. 顧客の識別および検証: KYC手続きを実施し、書類要件、収入源の確認、顧客の居住地の確認、および書類の認証方法を含みます。
  3. 書類の保持: 規制に従って、顧客から提供された書類の保持要件を遵守します。
  4. 規制当局との連携: 規制当局の主要な連絡先として機能し、必要な書類および報告書を提出し、監督当局との透明でオープンな対話を維持します。
  5. 従業員のトレーニングおよび教育: 企業の従業員に対してAMLおよびKYC問題に関する教育プログラムを開発および実施し、これらの手続きの重要性に対する意識と理解を強化します。
  6. レビューおよび監査: 内部および外部の監査を組織し、すべての業務がAML/KYC要件に準拠していることを確認します。

候補者のプロフェッショナル要件:

  • 教育および経験: 金融、法律または関連分野の学位、AML/KYCの経験、暗号通貨業界または金融サービスでの経験が望ましい。
  • 専門技能: リトアニアの法律および国際的なマネーロンダリング防止基準の知識、リスクを分析および評価し、意思決定を行う能力。
  • 個人的な特性: 信頼性、責任感、倫理的な行動、ストレスの多い状況での作業能力。
  • 規制当局の承認: 候補者は規制当局によって承認される必要があり、これは彼/彼女のプロフェッショナルおよび個人的な背景の確認を含みます。

リトアニアにおけるKYC/AMLオフィサーの雇用

Regulated United Europeは、規制当局およびリトアニアの法令の要件を満たすために必要な知識とスキルを持つ経験豊富なKYC/AMLコンプライアンススペシャリストのサービスを提供します。有資格の専門家を雇うことで、ライセンス取得のプロセスが大幅に簡素化され、仮想通貨ビジネスの成功に貢献します。

リトアニアにおけるKYC/AMLスペシャリストの選定を支援 2,000 EUR

よくある質問

コンプライアンス責任者は、金融組織の取締役会に直接報告する必要があります。 このポジションでは、責任を果たすために必要な権限、リソースおよび情報へのアクセスが与えられます。 AML担当官はまた、マネーロンダリングやテロ資金供与と効果的に戦うために、FCISなどの政府機関と積極的に協力する必要がある。

はい、この役割には KYC/AML の経験が望ましいです。 候補者は、適切な教育、専門スキル、個人的な資質、および非の打ちどころのない評判を備えている必要があります。 これらの属性は、責任を効果的に果たすために不可欠です。 専門家の任命には、候補者の資格と適切なプロフィールを検証する FCIS の承認が必要です。

AML 要件に従わない場合、金融活動を行うためのライセンスや許可の取り消しなど、重大な結果が生じる可能性があります。 さらに、規制当局の検査中に不備が特定された場合、企業は特定された不備を是正する必要に加え、規制当局からの罰金やその他の制裁に直面する可能性があります。 これは、堅牢なコンプライアンス管理とすべての規制要件への準拠の重要性を強調しています。

仮想通貨企業はマネーロンダリングやテロ資金供与に関する特有のリスクに直面しているため、コンプライアンス責任者はどのような仮想通貨企業にとっても重要です。 他の多くの管轄区域と同様、リトアニアでも現地の法的要件を満たすにはそのような専門家の配置が必須です。 この専門家は、不審な取引に関する情報の分析、FCIS への関連データの提出、管理チームへの法的要件の定期的な通知、およびその他のコンプライアンス関連業務の実行を担当します。

社内に有資格のKYC/AML担当者を配置することが、リトアニアで暗号通貨ライセンスを取得するための主な条件の1つです。 KYC/AML担当者は、企業が顧客の身元確認とマネーロンダリング対策に関連するすべての規制要件を遵守していることを保証します。これは、ライセンスの取得と維持を成功させるための重要な要素です。

適切なKYC/AMLスペシャリストを見つけるには、金融テクノロジーとコンプライアンスに関する関連知識と経験を持つ専門家を提供する専門のHRエージェンシーのサービスに頼ることができます。 Regulated United Europeなどの機関は、リトアニアの法律や規制当局の要件に精通した資格のある専門家を提供できます。

はい、リトアニアで暗号通貨ライセンスを取得するには、MLRO または KYC/AML 専門家がリトアニアの永住者である必要があります。 この要件は、リトアニアの法律に基づいて適切な監視と報告を確保するだけでなく、現地の規制当局や法執行機関と効果的に連絡を取る必要があるためです。

全体として、有能なKYC/AML専門家の存在は、特にリトアニアのような規制管轄区域において、暗号通貨企業の運営を成功させるために不可欠です。

RUEカスタマーサポートチーム

Milana
Milana

「こんにちは。プロジェクトを始めようとしている場合、またはまだ懸念がある場合は、包括的なサポートが必要なため、私に連絡してください。 私に連絡して、あなたのビジネスベンチャーを始めましょう。」

Sheyla

"「こんにちは、私はシェイラです。ヨーロッパやその他の地域でのあなたのビジネスベンチャーをお手伝いする準備ができています。 国際市場であっても、海外での機会を模索していても、私は指導とサポートを提供します。 自由に連絡してください!"

Sheyla
Diana
Diana

“こんにちは、私の名前はダイアナです。私はクライアントのさまざまな質問をサポートすることを専門としています。 ご連絡いただければ、ご要望に応じて効率的なサポートを提供させていただきます。”

Polina

“こんにちは、私の名前はポリーナです。 選択した管轄区域でプロジェクトを開始するために必要な情報を喜んで提供させていただきます。詳細については、私に連絡してください。”

Polina

お問い合わせ

現在、当社の主力サービスはFinTechプロジェクト向けの法務・コンプライアンスソリューションです。 当社のオフィスはビリニュス、プラハ、ワルシャワにあります。 法務チームは、法的分析、プロジェクトの構築、法的規制を支援できます。

Company in Lithuania UAB

登録番号: 304377400
安野: 30.08.2016
電話: +370 661 75988
メール: [email protected]
住所: Lvovo g. 25 – 702, 7th floor, Vilnius,
09320, Lithuania

Company in Poland Sp. z o.o

登録番号: 38421992700000
日付: 28.08.2019
電話: +48 50 633 5087
メール: [email protected]
住所: Twarda 18, 15th floor, Warsaw, 00-824, Poland

Regulated United Europe OÜ

登録番号: 14153440–
日付: 16.11.2016
電話: +372 56 966 260
メール:  [email protected]
住所: Laeva 2, Tallinn, 10111, Estonia 

Company in Czech Republic s.r.o.

登録番号: 08620563
日付: 21.10.2019
電話: +420 775 524 175
メール:  [email protected]
住所: Na Perštýně 342/1, Staré Město, 110 00 Prague

リクエストを残してください